Entries

中国のGDP、なんと47兆円の誤差発生w とんでもないm水増しの実態がバレて大崩壊クル━━! 

NewsU.S. 2017.02.10

 2ch「知ってた」「それよりも負債2600兆円を何とかしろ」

中国「GDP水増し」浮き彫り、16年で47兆円、31地方の合算額が中央の発表超過
2017.2.9 01:27

【上海=河崎真澄】中国全土に31ある省クラスの地方政府が8日までに個別に公表した2016年の域内総生産(GDP)の規模の合算が、中国国家統計局が1月20日に発表した全国GDP統計の総額を2兆7559億元(約47兆円)も超過していたことが分かった。超過額は省クラス経済規模で国内11位の上海市ひとつ分に相当する。地方のGDP水増し疑惑はたびたび指摘されてきたが、中国国家統計の信頼性にも改めて疑問符がつきそうだ。

国家統計局の発表では、香港やマカオを除く全土の16年GDPが名目で74兆4127億元だった。欧米諸国などに比べ異常に早い発表で、信頼性が問われる数字とはいえ、地方政府からの報告とは別に独自集計した公式なものだ。一方、中国紙、21世紀経済報道が伝えた31の地方政府の個別発表統計を産経新聞が合算したところ、中央の発表額を3・7%上回っていた。

物価変動の影響を除く16年の実質成長率は国家統計局発表で前年比6・7%だが、31の地方のうち27までが6・7%を超え、中央との整合がとれなかった。残る4地域は、北京市が全国と同じ6・7%で、6・1%の黒竜江省と4・5%の山西省が下回った。遼寧省のみは2・5%のマイナス成長に落ち込んでいる。

遼寧省をめぐっては、1月17日、陳求発省長が同省の人民代表大会(地方議会に相当)の席上、11~14年に税収を水増し報告するなど経済統計を改竄していたことを認めていた。意図的な統計修正を認めたのは中国で初めてとみられる。

地域の経済成長が幹部の人事考課の材料ともなっていることから、北京にアピールしたい地方の思惑は強まる一方。建設プロジェクトの重複カウントや金額の水増し、実需のない高層ビルを次々建設させて加算した上、取り壊しても加算する手口が後を絶たない。

「地方政府が8日までに個別に公表した2016年のGDPの規模の合算:全国GDP統計の総額を約47兆円も超過していた」
「物価変動の影響を除く16年の実質成長率は国家統計局発表で前年比6・7%だが、31の地方のうち27までが6・7%を超え、中央との整合がとれなかった」
「遼寧省のみは2・5%のマイナス成長」

【中国「GDP水増し」】「公然の秘密」常態化 「旧ソ連型」計画経済に固執、李克強首相も「人為的に操作」と発言
2017.2.9 01:26

李克強首相が遼寧省トップだった2007年、中国の国内総生産(GDP)統計について、「人為的に操作されており、参考値にすぎない」などと米政府高官に話していたとの米外交公電を、内部告発サイト「ウィキリークス」が10年12月に明らかにしている。

中国紙、北京商報などによると、地方政府がGDP統計の水増し報告をする傾向は、改革開放路線が本格化した1985年ごろから始まり、多い年で地方の合算が中央を10%以上も超過した。「公然の秘密が常態化した」と、関係筋は統計問題の根深さを明かす。

今年秋には5年に1度の共産党大会が開かれ、その前後に党や政府の幹部人事が大きく動くため、地方幹部の「GDP競争」が熾烈を極めた可能性もある。

根本的な問題は、中国が毎年、政府の成長率目標を定め、いわばノルマの達成を求める「旧ソ連型」計画経済に固執していることだろう。昨年は6・5~7・0%成長が目標だった。

習近平指導部は20年までに全土の名目GDPと人民の所得を、10年に比べて倍増させるとの“公約”を掲げている。実現には今後も年6・5%以上の成長が必要とされ、今年も3月の全国人民代表大会(全人代=国会)で目標値が発表されるが、国際的に中国の統計数値発表が今後、どこまで信頼されるか不透明だ。

「地方政府がGDP統計の水増し報告をする傾向は、改革開放路線が本格化した1985年ごろから始まり、多い年で地方の合算が中央を10%以上も超過」
「毎年、政府の成長率目標を定め、いわばノルマの達成を求める『旧ソ連型』計画経済に固執」

・誰もが知ってた
・嘘つきはシナチョンの始まり
・いつもの中国  大躍進アルヨ
(こういう話が表に出るようだと本格的にヤバイ)
・中国のGDPって300兆円くらいじゃないかなあ   いまだに日本より小さいと思うよ
(爆発事故といいもう始まってるんじゃね?)
・中国と旧ソ連のと違うところは、 貨幣を介さない経済活動が結構あるという事だろう
・糞食を指摘され 参考として出した李克強指数も 水増しなのがバレたからな  そもそも中国ではトラック輸送がメインで鉄道を使う産業なんて石炭位で参考にすらならない  大躍進時代から成長してないわ
・それよりも支那政府は負債残高の2600兆円をなんとかした方がいい。   日本政府の日本国民への借金1000兆円とは額も内訳も異なりすぎる。
・中国はめちゃくちゃ 銀行が金の流れを絞めると、あやしい投資会社が出てきて 国民の金を高利で集めて高利で貸す一方GDPは上げろというし、元はドルに替えるなというし、海外に大型投資するし  なにがしたいのか、わけがわかんない
(経済崩壊に乗じて戦争始めそうだな)
・中国はマジで怖い  世界を大不況に巻き込もうとしてるように見える  中国だけが早いとこ沈めば、世界は救われるのにそれではすまなくなってきてるのが怖い
・なんにしても国民の目が完全に遮断されてる国だからなあ。  何言っても信ぴょう性に欠けるよなあ。 今どき国民が選挙権さえ持たない先進国なんてないだろ。  それじゃあまるっきりやりたい放題のことが国はできるだろうから。
・日本の場合円安にしてGDPを低く見せているという疑惑まであるから  円高にしろという言ってる人間に言わせれば  日本の一人当たりのGDPは8万ドルは越えているらしい   つまりそれほどの生活水準は高いらしい
・去年からマイナス成長なんだろう
・相手国の発表と齟齬が生じるので誤魔化しがきかない 輸出額も輸入額も前年比でマイナスになっている。   従って、実際はマイナス成長に転落していると考えて間違いないと思う。   問題は、地方も中央も誰も正確な実態を把握出来ていかいだろうということ。  もちろん役所は確信犯的に数字を誤魔化しているが、賄賂社会で企業も家計も虚偽申告が当たり前。  仮に役所が真面目に統計を取ろうとしても、社会の腐敗が深刻過ぎて不可能だと思う。
・軍拡しすぎて経済発展している事にしないと軍が維持出来ない  膨れ上がった経済は買収に走り、もてあます軍事力は紛争へと走り出す  もう時間がない、日本の交戦権獲得と核保有が急がれる
・前から知っていたことだ   中国はもう滅んでいるんだよ
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事