Entries

中国最後の輝き 一帯一路構想資金のタカリに130か国が集まった

おゆみ野四季の道  新    (29.5.17)  
  
 中国が世界の覇権国家になると表明して華々しく打ち出したのが一帯一路構想だった。
2013年のことで中国経済が絶頂にあったころのことだ。それから4年、中国経済はすっかり成長余力がなくなり、統計官の努力だけで6.5%前後の成長を維持しているが、2015年からは中国の輸出入は減少に転じ、世界貿易も減少し始めた。

 一帯一路構想とは海と陸のシルクロード構想といわれ、陸上では中国とヨーロッパを結ぶ高速鉄道網の建設が目玉で、海上交通よりもはるかに早く中国・ヨーロッパ間で貨物輸送ができるようになるというのがうたい文句である。
海上については中国が主要国の港湾を整備して中国艦船の入港が可能になるようにすることで、、パキスタン、スリランカ、ジプチ、ミャンマー、ギリシャ等で中国は積極的な投資を行った。

 中国が海と陸で大規模なインフラ投資を行うということで、特に資金不足に悩む貧乏国が飛びついた。
「中国さん、ぜひぜひ我が国のインフラを整備してください。鉄道、港湾、道路、資源開発なんでも結構です。しかしお金はすべて中国もちですよ」
経済発展が順調だった2015年ごろまでは中国は湯水のように投資を行いまさに世界経済は中国を中心に回っていたが2015年に暗転した。
中国経済が急ストップし、それにつれて中国によるインフラ投資に陰りが出てきたからだ。

先日中国は130か国以上から代表団を集め、第一回一帯一路世界フォーラムを開催したが、そのはなばなしい賑わいとはべつにこの構想に陰りが見えている。
中国はさらに13兆円規模の追加投資を表明したが、投資をするのは中国の国営企業だけで追随する国や企業はない。
「インフラ投資なんて絶対に経済的にペイしませんから、これは中国さんにすべて任せましょう」という雰囲気だ。

 確かに130か国以上でしかも国家元首の出席はプーチン氏をはじめ27か国に及んだが、単に中国にタカリに集っただけで「金の切れ目が縁の切れ目」であることは明白だ。
AIIBもアメリカと日本が参加しなかったために世界から金を集めることができず開店休業状態だし、一帯一路の陸上部は貿易そのものが減少しているので鉄道網を整備しても何の役割もはたしていない。
かろうじて海の軍港整備ではパキスタンやスリランカに自慢の中国海軍が駐留する基礎ができ宿敵インドを取り囲めそうになっているが、これも中国海軍が急拡大して世界の警察官になれたらの話だ。

 現在軍事戦略で最も大事なのは空母艦隊の整備でこれはほとんどアメリカの独壇場と言っていい。中国もロシア産の空母を購入して整備を図っているが、艦載機が飛び立つのも容易でなくまた着艦すると海に落ちてしまうのでとびったたら陸上の基地に飛んでいくありさまだ。海の警察官には全盛期のソビエトロシアでさえ失敗したのだから、それをまねた中国が成功するとは思われない。

 さらに2年後に第二回一帯一路構フォーラムを開催すると習近平氏が宣言したが、その時は今回よりさらに内容の貧しいフォーラムになり、中国が世界の経済をリードした時代が終わったことを誰の目にも明らかになるだろう。
中国の時代はすでに終わっている。

別件)山崎経済研究所の山崎所長が予測したようにランサムウェアによるサイバー攻撃は北朝鮮の関与が濃厚になっている。山崎所長は状況証拠の積み上げだけで予想しているがその分析能力の高さに驚かされると本人が言っていた。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/ppppp-5.html

勝又壽良の経済時評   2017-05-17 05:00:00

中国、「一帯一路フォーラム」28カ国の首脳を集めた狙いは何か

自由貿易の覇者気取り     背に腹はかえられない

前略・中略で結論は

中国は、人民元相場の急落=外貨準備高減少を極度に恐れている。これまでの対外的な強硬策の裏には、中国経済が好循環軌道にあることが支えになっていた。だが、現実はそんな幻想を許す事態ではない。薄氷を踏む厳しい現実が控えており、「信用危機」を防がなければならぬ瀬戸際にある。習氏が、「金融危機を起こすな」と厳命を下すところまで追い込まれたのだ。正直なところ、「一帯一路フォーラム」など開催できる精神的なゆとりはないはずだ。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事