Entries

安倍首相がG7でトランプの暴走を食い止めるw すごすぎる外交手腕を発揮キタ━━━!

NewsU.S. 2017.05.30

 ロシア 大 敗 北 www

トランプ氏、関税下げ要求 G7サミット 日欧と溝
2017/5/27 11:59

日米欧7カ国(G7)首脳は26日、主要国首脳会議(タオルミナ・サミット)で貿易や気候変動を討議した。初参加のトランプ米大統領は貿易で各国に関税の引き下げを要求。気候変動では日欧が米国に温暖化対策の国際枠組みに残るよう迫ったがトランプ氏は回答を留保した。討議の主要部分で日欧と米に溝が生じる異例の展開だ。

サミットは2日間の日程で協議し、27日に首脳宣言を採択して閉幕する。G7はこれまで首脳宣言で「あらゆる形態の保護主義に対抗する」としてきたが、トランプ米政権が文言変更を強く要求。「反・保護主義」を削る方向で調整している。

貿易の協議に参加したコーン米国家経済会議委員長によると、トランプ氏は「公正で自由で相互的な貿易を進めるべきだ」と主張。「相互的とは、米国が低関税なら相手国も合わせるべきだということだ」と述べ、各国に関税下げを要求した。

トランプ氏は「相手国の関税が30%なら米国も30%に引き上げる」とも述べ、各国との通商協議が不調に終われば対抗措置に踏み切る考えを示唆。輸入時の自動車の検査体制を挙げて、各国の非関税障壁も「厳しすぎる」と批判した。

食糧安全保障などの観点で一定の保護が必要な場合、関税などで自国産業を守ることは国際的に黙認されている。トランプ氏の発言は、競争力の高い米国の農産品と日本の農産品を同率関税で競わせることを意味する。他方、自動車分野では日本の関税はゼロだが米は2.5%、ユーロ圏は10%の関税を課している。

1カ国だけに高関税を課せば世界貿易機関(WTO)ルール違反となる。WTO協定上は米国に高関税を課された相手国は報復措置を取れる。貿易戦争の懸念が強まりかねず、各国に困惑と反発が広がりそうだ。

「米国第一」を掲げるトランプ氏は年7千億ドルを超すモノの貿易赤字解消を求めている。25日には「ドイツとの貿易はとても悪い」と不満をあらわにしていた。独メディアによるとメルケル独首相は26日、ドイツ勢の対米直接投資の多さを挙げ「(貿易と投資の)両面をみるべきだ」とトランプ氏の主張に反論した。

一方、気候変動の討議では欧州の首脳がトランプ氏に温暖化対策の国際枠組みである「パリ協定」残留の利点を説いた。安倍晋三首相は「米国が引き続き気候変動の問題にリーダーシップを発揮していくことが決定的に重要だ」と述べた。

トランプ氏は「環境問題は私にとり非常に重要だ」とは応じたが、同協定にとどまるとは明言しなかった。米政権内部での意思統一が終わっておらず、サミット後に態度を明らかにする予定だ。

米側は「ここ(欧州)で学んで知見を身につけ、大統領の見解は進化している」(コーン氏)と説明。同氏は「最終的な決断の根拠は何が米国にとって良いかだ」と語り、協定離脱を前提にした当初の姿勢は和らいでいるとの考えを示唆した。
日本経済新聞

「トランプ:貿易で各国に関税の引き下げを要求」
「日欧が米国に温暖化対策の国際枠組みに残るよう迫ったがトランプ氏は回答を留保」
「討議の主要部分で日欧と米に溝が生じる異例の展開」
「G7はこれまで首脳宣言で『あらゆる形態の保護主義に対抗する』としてきたが、トランプ米政権が文言変更を強く要求」
「1カ国だけに高関税を課せばWTOルール違反となる」
「貿易戦争の懸念が強まりかねず、各国に困惑と反発が広がりそうだ」

事実上の議長国は日本 安倍晋三首相「EUとトランプ氏が正面衝突しないように調整する」
2017.5.26 23:35

26日午前(日本時間同日午後)に開幕した先進7カ国(G7)首脳会議で、首相はトランプ米政権と微妙な緊張感を持つ欧州側との橋渡し役として「G7の結束」の維持を目指す。首相はメルケル独首相に次ぐ古株。トランプ氏とも良好な関係を持ち、事実上の議長としての調整手腕が問われる。

「EU(欧州連合)とトランプ氏が正面衝突しないように調整する」

安倍首相は今月中旬、周囲にこう語り、EU諸国と米国との亀裂を防ぎたい考えを示した。

サミットで米欧間の考えが食い違うテーマの一つが、「自由貿易をめぐる議論」(日本政府関係者)だ。昨年の伊勢志摩サミット共同声明では「あらゆる形態の保護主義と闘う」との文言が盛り込まれた。だが、トランプ政権は「保護主義政策をとる権利がある」(ムニューシン財務長官)との立場を崩しておらず、欧州側は神経をとがらせている。

「欧州と米国がうまくやるのは絶対に必要だ。みんなが批判して米国のような大国を孤立させると大惨事になる」

安倍首相はトランプ政権発足直後から周辺にこう話していた。米欧が衝突してG7の足並みが乱れれば、喜ぶのは中国やロシアだ。外交経験のないトランプ氏がG7で孤立すれば、多国間交渉に懐疑的で2国間交渉を重視する姿勢に拍車がかかる恐れもある。

一方、安倍首相は、G7がクリミア併合をめぐって制裁を続けるロシアへの関与も重視する。26日の日米首脳会談でもロシアとの対話の重要性を強調し、トランプ氏もこれに同意した。

トランプ政権は露政府による米大統領選干渉疑惑で国内から批判を浴び、対露協調姿勢を打ち出しにくい事情を抱える。日本外務省高官は「プーチン露大統領との協力をもっと考えなきゃ駄目だということを一番言えるのは安倍首相だ」と指摘する。欧州諸国には対露警戒が根強い中、安倍首相の「陰の議長」として果たす役割がサミットの成否を左右することになる。

「安倍首相:EUとトランプ氏が正面衝突しないように調整する」
「外交経験のないトランプ氏がG7で孤立すれば、多国間交渉に懐疑的で2国間交渉を重視する姿勢に拍車がかかる恐れも」

・結局保護主義と戦うって文言が入ったな トランプの根負け
・アメリカは関税かけるけどおまえらはゼロにしろ  通るわけがないトランプハゲ
・もっと良いモノ作ろうよ
・ロシアの犬が、ロシアに矛先が向かないよう同盟国をいじめている
・アメリカはあの領土とその立ち位置ですでに他国と骨格が異なるからな
・トランプは主義(ism)の人では無く、利益の人だからね   自分やアメリカの利益になるなら、自分の過去言ってた事や主義主張と正反対でも主張するよw
・トランプの言ってる事実行不可能だから。  だいたい日本の関税既にアメリカと同等、やや低いくらいだし。   トランプの主張は、10年前のブッシュJr時代に散々アメリカがやらかした自滅の焼き直し以下だもの。
(このままだとアメリカという国が終わってしまう…早くこのピザデブを引きずり降ろせ)
・トランプがヨーロッパに来るだけでマンチェスターでテロが起き  ロンドンの空港からBAが全便欠航  とんだ疫病神だな
・米独の泥仕合が見たい
・自国第一主義は戦争の火種になるのでそういうの世界大戦経て止めようということになったはずなのに トランプは馬鹿なのだろうか?
・昨日食った飯も覚えてないから
・昨日自分が言ったことすら忘れる男に 70年前の教訓など覚えてるはずがない
・イスラム国の首魁、サウジアラビアでの性奴隷接待にメラニアが激怒してたなw
・甘えんな毛唐
・なぜ大統領になってから勉強してるんだ、トランプ君は。  もう一度学校に戻って出直してくればいいのに。
・米はトランプ後の立て直しが大変だわ
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事