Entries

なにやら半島の方が騒がしくなって来ましたが…… +(0゚・∀・) + ワクテカ(その2)

推摩 一黙のブログ 2017年08月02日 06時12分

(文章量がオーバーしたんで前記事から続きですm(_ _ )m)

さて、最後に「朝鮮有事の際、半島から大量の難民が押し寄せて来るのでないか?」というコトが危惧され、心配される方もおられるでしょうが……安心してくださいw
実はといいますと、「海を越えて難民(自称)が押し寄せる」という話(事態)には日本は“見事な対応をして隔離・審査・送り返した”実例がありますw
それはベトナム戦争時のポートピープルの事案です。
この時も、「本当のベトナム難民に紛れて大量の中国人、華僑系偽装難民」が日本に押し寄せましたが、

アメリカ合衆国 82万3000人
オーストラリア 13万7000人
カナダ      13万7000人
フランス 9万6000人
ドイツ 1万9000人
イギリス 1万9000人
日本  1万1000人
アイスランド 400人

上の一覧を見ていただいても分かりますように、当時一時は日本にも数十万人規模のポートピープルが押し寄せましたが、鳥取を始め、日本海沿岸に収容所を作り隔離し厳格な審査の上、そのほとんどを叩き返していますw
今現在、『朝鮮』有事の際、韓国からは25万人、北からは五万人の難民が押し寄せる』と脅かすような話が噂され、「日本の入管の管理処理能力がせいぜい三千人程度などにどうする!?」なんて騒ぐ向きがありますが、「不法滞在者、難民に対する日本の入管の対応能力は三千人程度」というのは“平時”の話です。
繰り返しますそれは“平時”の話です。
有事の際は、有事にふさわしい対応に切り替わるに決まってるじゃないですか?
海上で補足した難民自称者は「救助後」ベトナム戦争当時と同じように、鳥取を始め、日本海沿岸に収容所を作り隔離し先ずは管理します。
難民の中には韓国に滞在在住していた邦人や各国外国人も含まれるでしょう。
日本国籍者はそのまま帰国ですし、欧米やアジアを始めとする世界各国の方々はそれぞれの国籍の大使館に引き取ってもらい、帰国していただく保護してもらうコトになるだけです。
後の北朝鮮や韓国人は“有事”なのですから、収容所に隔離保護して朝鮮半島での情勢が治まるまで「大人しくしていただく」だけです。
別に収容所内に留めるだけで、三食に衣住さらには医療に健康管理まで致せりつくせりです。
行動の自由を制限するのは、戦時難民――それも敵性工作員が混じっている疑いが濃いのですから当然ですよね?
何か問題が?

さて、普通は数日から数週間で終結すると考えられる(それも北朝鮮の敗北崩壊で)朝鮮有事ですので、事態が収束次第、韓国人には祖国へ帰国して頂く事になります。
もしくは、済州島辺りに米軍が作る可能性の高い『避難民収容所』に移送するというのもあり得るでしょうw

もし、日本への移住移民を『難民枠』で要求する図々しい韓国人や北朝鮮人がいても現行の日本では「丁重にお断り」するでしょう。

問題は『日本人配偶者の居る韓国人』の場合です。

旦那か奥さんがどちらか『片方が』日本人で、それまで韓国に住んでいたけども「日本に連れ添いや子供を連れて帰りたい」と希望した場合……無下に拒絶するコトはできません。
この場合、日本に「朝鮮有事に関連して直接の被害(北のミサイル攻撃やテロ)が起こっていない場合」は、韓国籍の連れ添いに滞在許可が普通の外国人同様案外アッサリと出るでしょう――犯罪歴などの問題が無い限り( ̄▽ ̄)

さて、もしも『日本で北の攻撃やテロにより被害が及んでいた』場合は、日本国籍を有する方も含めて「難民収容所に滞在」を強制させていただくことになるでしょう。
これは、「工作員への警戒」というだけでなく「安全を保護する為」です。
もし韓国人の連れ添いを持つ日本人がそのまま日本社会に入った場合、北の攻撃で激高した日本世論の差別や迫害を受けたり、一部の過激な者に襲われたり『しないように』難民収容所で隔離して逆に守ってあげるのです。
何か問題がありますか?

このように、日本を目指した「半島からの戦時難民」が居ても、海上かもしくは哨戒網を抜けて仮に日本に無事辿りついて上陸しても、韓国人だと日本ではすぐ分かりますから捕獲され、収容所行になります。
ちなみに状況次第では、日本国内旅行中だった韓国人や在日のニューカマーも収容所行きになるでしょう。
ちなみに『特別在留許可』を有する“世代を重ねた”在日の扱いも難しいですねー(棒
特別在許可自体が、「法務大臣が出した許可」というだけですからネェ(棒許可を取り下げると法務大臣が(実際には総理大臣と内閣が)決めれば(おそらく閣議決定すれば)、その瞬間今日明日にでも取り消せますw
ちなみに「在日の特別在留“許可”」が取り消された場合は、「他の普通の日本滞在の外国人と同じ扱い」になるだけで、在留期限ごとに許可の更新をすれば問題なく日本で生活し続けれますし、おそらくこれを契機に『帰化して日本人か朝鮮人か? ハッキリさせる』在日が続出するでしょうw

その場合、帰化は『よほどの犯罪歴や反社会活動の前科』が無ければ普通に、むしろ速やかに日本に帰化できると思います。
特に二世代目、三世代目どころか五世代目、六世代目なんて「世代を重ねても“在日”のまま帰化しようとしなかった」方の場合、日本人化して完全に定着してしまって、『親戚が韓国人で韓国居る』とかだけで、祖父や父などが帰化に反対するので、なあなあで帰化せず今日まで来てしまった……という在日も多いでしょうし。
その反対に総連民団で「市民活動」をしたり、 SEALDsとかシバキ隊とかいう団体に参加していた在日や犯罪歴が有ったり、今や構成員の四割が在日というヤ・ク・ザ、暴力団員だったりした場合は『審査が難しかったり、通らなかったり』するでしょうが ┐( ̄ヘ ̄)┌

まあ、自業自得ですねー(棒
いずれにしても、北が暴発するか、米国か中国に成敗されるような“朝鮮有事”が起こった場合、この際良い機会ですんで、戦後の様々な清算が行われるコトでしょうw

これらは近い将来――今日明日にでも起こりうる話です。
まあザッと予想して書いてみましたがいかがでしたでしょう?
ではでは、マター(´∀`)
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事