Entries

「政治屋」の茶番劇

外から見る日本、見られる日本人 2017年09月28日10:00

今回の衆議院選挙、与党自民や公明の声はそれほど聞こえてこず、「外野」が実ににぎやかになっています。特に昨日の民進党、前原代表の「ご決断」は個人的にはさっぱり理解できないのですが、かつての数々の失敗を繰り返してきた前原代表は全然成長していなかったということだけは確認できました。

民進党党首選があった際、ひそかに枝野さんが党首になると厄介だな、と思っていました。彼は理路整然としているうえに、ガッツもあり食いつきもよいタイプです。一方、前原さんはいわゆる草食系で諦めが早く、ダメならさっさと辞めてしまう粘り気ゼロのタイプであります。

ただ、ご本人が「生まれ変わりました」と公言されていたので周りもそろそろ、もう一度チャンスを与えてもよいのか、と考えた節はあります。それにしても前原さんは何をやってもしょっぱなに話題を提供する方だという定説を覆すことなく、ある意味、「想定通り」の展開をしてくださいました。

さて、緑の党ならぬ希望の党の露出度が異様に高まっていますが、党の露出というより小池百合子氏の露出と考えてよいかと思います。では今回は都知事選の時と同じ盛り上がりがあるのか、と言えば肌感覚でない、とほぼ断言いたします。盛り上がっているのは失業対策に忙しい野党議員で「希望に行けば就職希望がだせるか」というレベルとそれを下支えするマスコミだけのような気がします。

なぜ、そう感じるかと言えば小池さんは「スーパー独裁ウーマンか」という疑念と「出る杭」になってしまった点でしょう。まず、若狭、細野両氏に任せておくといっておきながらちゃぶ台返しで政権のリセットではなく、私の希望を通すとしたところです。

次いで「私のAIが決めた」というふざけたインタビューは頂けないと思います。政治とは合議をディスクローズするものだというのは小池氏本人が一番わかっていることであり、独裁者が独裁者の頭で決めるのは仮にAIだろうが普通の頭だろうが、民主政治の根本に反します。

面白いと感じたのは最近批判にさらされているTBSのひるおびでは昨日あたり、必ずしも「小池万歳」ではなくコメンテーター等が「大丈夫かい?」というトーンでトークしていたのが印象的でありました。産経新聞は完全に批判姿勢にあります。

では、民進党の現職が希望に入れてくれ、と言ったとき、「どうぞ」というか、と言えば小池さんは条件を付けています。そのひとつが「憲法改正に賛同すること」としています。民進党は憲法改正に慎重なスタンスの方も多かったわけで入り口ではじかれる方が「俺たち、どうするんだ!」と叫ぶ姿が目に浮かびます。

私は数日前のこのブログで右派左派の戦いではなく、安倍VS小池の構図という趣旨のことを申し上げました。政策的には似ているところがあるのです。誰が好きか、これだけの違いです。では小池さんに芽があるのか、と言えば個人的には懐疑的であります。理由は組織がほとんどない点でしょう。

都議会を通じて都民ファの人たちがどれぐらい活躍しているのか、と言えば緑を着飾ったYESマンが「御意!」と言っているスタイルです。

多くの国民は何か変だ、と感じていると思います。これが都知事選の時と違う点であり、勢いはさほどないとみる点です。これは自民党を利することになります。また、小池さんにダメージを与える手段はたくさんあります。その中で公明党都連が連立を止める、といえばかなり堪えることになるはずです。

選挙が面白いとなれば興味ない、面白くないという人たちを振り向かせるには絶好の機会。それを作ってくれた小池さんには感謝、でしょうか?
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事