Entries

選挙戦、ここまでの感想

外から見る日本、見られる日本人 2017年10月06日10:00

ワイドショーでは選挙の話題で大盛り上がりでこれほど注目を集めている選挙も珍しいと思いますが、特にその中心が野党である点がユニークであります。私も日々、様々な選挙関係のニュースに接し、このブログにいつ、話題を振ろうか、考えていたのですが、あまりにも変化が大きく、ぐっとこらえて今日にいたりました。

まだ、選挙戦はこれからですが、野党の土台の部分が少しずつ見えてきたので今日はそのあたりの感想を述べさせていただこうと思います。

まず、立憲民主党が立ち上がるのはある程度予想出来たはずです。このブログでも小池さんの政策が自民に近いから本当の左派思想の方が投票できるところは共産か社民連しかなく選択肢に問題がある、と指摘させていただいていました。当時、そんなことをいうメディアは誰もいませんでした。よってこれにて一応、国民にとって投票先の選択肢が増えた点においてよかったと思っています。

次いで民進党出身者が三分裂し、希望の党派、立憲民主党派、無所属派に分かれることになりました。個人的にはこの無所属議員が増えることがもっと望ましいと思っています。

日本の政党政治は上意下達であります。その上意が強ければ強いほど一期生、二期生などは子ども扱いで駒のような仕事しかさせてもらえません。それこそ寿司屋の修行と同じであります。以前、堀江貴文氏がその著書で寿司屋の修行ほどばかばかしいものはないと指摘していたと記したことがありますが、政治家の世界は実はこの寿司屋の修行と同じようなことが繰り返されている閉鎖社会であります。

都民ファーストから二人が離脱することになりました。その一人で発信型議員として売り込むおときた氏は氏のブログでその理由を「好きに発言させてもらえない」とあります。政治家とは喋ることが商売であります。その一番大事な部分を封印させてしまえばやはり「言論統制」であり、「揚げ足を取られないようにすること」であり、「文春対策」というちぃちゃな心の都民ファの支配戦略でした。

この統制された政党政治からは若くて有望な政治家は生まれません。よって、民進党の能力ある人たちが無所属で出ることは大いに結構であります。数々の政策や法制化の中でイシューごとに自分たちのポリシーに従い、活動されたらよいでしょう。

個人的にはこの無所属議員が全議員の3分の1以上になれば日本の政治はすっかり変わると思います。

次に小池さん。私には小池さんの底がある程度見えてしまい、少々残念に思っています。小池さんのスタイルは全体を見せずにその時その瞬間でベストの判断をするのに長けている方と申し上げておきます。豊洲でもオリンピック問題でもその問題点を指摘し、踏み込むのかと思えば結局その場しのぎ的な判断を繰り返しました。

私が彼女を「政治屋」と呼んだのは時の風を読むのは上手で、野心も野望も戦略もあるのかもしれませんが、最終ゴールを示さない「狡さ」で世の中をかわしてきたからでしょう。同胞となる「お友達」がいないのも特徴で一人でやらねばならないところに限界があるタイプであります。いや、彼女にはAI君がありましたね。

なぜ、同胞がいないのか、ですが、一つには彼女がほぼ独身で現在に至った時間が長く、信じるのは自分というスタイルが染みついているのだろうと思います。これは私の知る限り、独身女性に比較的よく見られるタイプで、生きるために信じられるものは「自分とお金」に陥りやすいのであります。よって私は若狭さんは同胞なんかではなく、うまく利用されているだけだと思っています。もちろん、組織づくりもYESマンばかりが集まる独裁型になりやすいとみています。

では小池さんが選挙に出るのか、出ないのか、ですが、一時は本人は迷ったと思いますが、形勢が不利なのでお出にならないという判断をこの5-6日の間にしたと思われます。これも時の風次第ですので何か想定外のことが起きればもちろん、前言撤回はあるのでしょうが、彼女が今守らねばならないのは都知事の「ポジション」です。全てをなげうって、などということは保守的な彼女の性格からすれば致しません。

さて、さっぱり話題が上がらない自民党ですが、むしろ、足元がしっかりしていて大丈夫なんじゃないでしょうか?選挙はみずもの、最後はふたを開けてみなければ何が起きるかわからないのですのですが、個人的には希望の党はかなり苦戦するとみています。自民と連携を取るほどの票が集まるのか、私ははなはだ疑問だと思いますが、安倍さんも狡猾ですので希望との連携で憲法改正のピクチャーは出来上がったとみています。

言い換えれば今回の選挙でやはり笑うのは安倍さんで憲法改正のステップに必要な3分の2の賛成を得ることはほぼ確実な気がします。逆に安倍首相はこれで憲法改正をしなければうそになるとも言えるでしょう。

最後に前原さんですが、この方は本当にお人好しで性善説の方だと思います。性格なので変われないのでしょう。これでまた5年は芽がないと思います。(下手したらずっとないかもしれません。)

いづれにせよ、選挙が盛り上がって政策や公約、イシューが広く国民に伝わり、日本のことを考えるようになるのは良いことです。この話題は選挙が終わるまで何度かまた、折に触れ触れさせていただこうと思います。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事