FC2ブログ

Entries

韓国を見放すベキ理由を改めて挙げてみた……

推摩 一黙のブログ 2018年02月17日 07時07分

韓国を見放すベキ理由を改めて挙げてみた……まあ、特亜一般にいえる話なんだが、特に韓国に関しては
「もういい加減、日本は見限り、見捨てるベキ」
だとしか思えない ┐( ̄ヘ ̄)┌

今までは日本にゴネてたら日本の政財界の人間が勝手に相手の朝鮮人の気持ちを思いやって至れり尽くせりしてあげて、なんか色々有耶無耶になってたのが日本が朝鮮の要求を断固拒否しだしたら勝手に自滅しだしたダケなのだしw
国内産業の競争力や基礎的な技術力がないのも『努力を怠って来た自・業・自・得』としかいいようがアリマセン ┐( ̄ヘ ̄)┌
韓国の産業が崩壊しても世界の供給情勢は変わらない。
他のどこかASEANとかインドとかに移るだけ。
だいたい世界の製造業の部品素材需要に応え供給しているのは日本を筆頭とする先進国であり、偉そうにしている中国にしても『タダの組み立て工場』に過ぎないのですしw

実際、民主党政権時代の超円高の時ですら世界は、日本製部品や素材買って世界の製造ラインは動いていたんだし。
311震災で日本からのコア部品とか部品、素材の高付加価値の技術基幹産業の供給が麻痺した途端、世界中でパニックになったw
逆に考えれば、日本の素材・部品を使って組み立てれば、世界中ほとんど、どの国ででも、支那・朝鮮レベルの完成品は作れるんだよ。

だから、現在進行形で中国なんて「安い人件費を求めて」東南アジアやアフリカの発展途上国に工場を移転したり、人を雇わなくていい無人化、自動化や産業ロボット導入に躍起になっている!?
12億を超える人余り、人口大国の中国がだぞ?

一方で、資本財生産国、産業工作機械の供給国である日本はなんだかんだ言っても強いワナw
日本は戦前から金属工学とか流体力学とか航空工学とかやって来ており、自力で技術力を上げる努力を欠かさずに来た。
その辺が支那・朝鮮との大きな“差”だわなw
やつら特亜の連中にベアリングとかタービンとかエンジンとか作れるの?
正直、船舶と航空機以外で欧米ですら、マトモに技術力競争力が日本におぼつかない。
EVが次世代の車としてもてはやされているが、モーターやバッテリーの問題だけじゃないぞ?
トランスミッション系の歯車、チェーン、ベルトなど、回転動力を伝える機構は伝動機構の技術は内燃機関の自動車だけでなく、EVといった電力自動車でも変わらず依然として重要だぞ?

バッテリー一つとってもリチイムイオン電池や水素電池など様々な方式が試されていますが、充電時間や蓄電量から安全性まで様々な素材が日々試行錯誤され研究されています。
そーした技術開発や特許などの蓄積で日欧米の先進国と、中韓や新興国発展途上国との間には隔絶した“差”がどうしようもないホド開いているのも現実です。

さらに、日欧米の先進国が他の世界各国と圧倒的な差があるのが『信用』の分野です。
金融力と保険商品といっても間違いではないでしょう。
今の世界は、一部の北朝鮮のような内に籠った独裁国家でも国際貿易の恩恵無しに社会体制を維持するコトはできません。
石油や他国からの輸入無しに国民を食わせ、文明生活を維持するコトはできないのです。

さて、そうした輸出入の大部分を占めるのが空輸にしろタンカーにしろ『安全』でなければ円滑な流通は成り立ちません。
そして、その『安全』を担保するのが“保険”です。
タンカーや貨物船に掛けられる船舶保険がその代表ですが、中国が近年躍起になって海外資源国の囲い込みと共に、『海軍を強化』しようと必死なのは、海上交易路――シーレーンの確保が国家の死命を制するからです。

……と、いいましても、現状の安全保障――アメリカ主導といいつつも文字通りの運命共同体で海路の安全と緊急時の相互救難を国際的に補い合う体制は、別に米中が外交の場でどんなにいがみ合っていても「守られる」モノですし、守って行くコトが結局は最大の利益になります。
ですから、ソマリア沖などで“海賊”が出た時にも、東西陣営関係なく海軍力を出し合い多国籍軍で海賊退治の取り締まりをスンナリと形成できました。

また、公海上どころか他国の領海内でも潜水艦ですらキチンと浮上してただ航行するだけなら無害交通権が戦時中の国でもない限り保証されています。

逆に、国際的な経済制裁下にあったり、戦争状態にある国の領海や近海を航行する場合は、船舶の保険料がプレミアがついて高騰したり、あるいは保険が下りず、従って『その国の港に向かう船舶が無くなる』というコトが何時でもあり得ます!?

中国の場合、大陸軍国が大海軍力を整備する「無駄無謀さ」以前にもしも日米西側諸国と敵対し戦争状態に陥れば、自動的に中国に石油やモノを運ぶ船は途絶えるコトになるでしょう。
無論、中国国籍で所属のタンカーや貨物船は中国への物資の運搬を継続するかも知れませんが、中国の港に入港できても、さて果たして「中国から出て他国の港に寄港できるモノ」ですかねぇ?w
ロイズを始め世界の船舶保険のほとんどは欧米系の保険会社が保証して初めて成り立ちますし。
船舶保険の無い船の入港を許す国はそーあり得ないでしょうから、この場合中国は『セルフ経済制裁』状態でシーレーンを断たれ窮地に陥ることでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌
別に南シナ海や東シナ海の中国沿岸に機雷等を敷設して物理的に閉鎖しなくても、中国の海上輸送路を断つのは簡単なのです。

ハッキリ申しますと中国が躍起になって海軍力を増強しているコトは無・駄の一言に尽きるでしょうw
中国が仮に戦争をするにしても最低限度の必須条件が「日欧米西側諸国を直接敵に回さない」しかありません。
それはインドを相手にするのでも、ベトナムを相手にするのでも、あるいは台湾武力併合を断行するのでも「あくまでも地域紛争で欧米、日本の皆様方には迷惑かけません」と事前に了解を取るか?
「台湾問題は中国の内政問題である!」と強硬に主張して日米は元より欧州の介入を及び腰にさせて電撃的に短期決戦で決着を決めるか?

あるいは近日中にある北朝鮮征伐のように「事前にアメリカはおろか日本やロシア、欧州の黙認を取り付ける」ようなコトでも無い限り、今の中国は戦争なんてできゃしやせんw
石油の円滑な輸入(海上航路)が確保されていなければ一ヶ月と保たないような備蓄状況、陸上輸入情勢ですよ?
無論、中国が内乱分裂し群雄割拠の混乱に陥れば話は別ですが、習近平現体制が「体制維持を至上目的」で過ごす内は、破滅破綻するその日まで「戦争なんてできない」中国が続くでしょうw
それでも海軍力は拡大しますし、空母も三隻四隻作ろうとするでしょうが――それは『本当に使える有効な海軍力を身に着ける為』では決してなく、中国人民解放軍内の軍人の利権とポストを拡大確保する為のポーズでしかアリマセン ┐( ̄ヘ ̄)┌
後は、国内外へのコケ脅しですかね?w

無論、脅威が全くないとは申しませんが……自分たちよりはるかに弱く勝てるインドやフィリピン、ベトナムなどの海軍相手に示威行動や領海侵犯に使う以外で、米軍太平洋艦隊はおろか、日本の尖閣などに実際に侵攻などしても政治的にリスクの方が大きく、さらに『日本単体にも勝てません』からねぇ?
キチンと対応していれば、嫌がらせ以上のコトは中国には何もできないでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、いろいろと改めて詳しく見て来ましたが……実は、極東に「既に欧米の船舶保険から見捨てられた」国が存在しています。
それは北朝鮮――だけでなく、実はといいますと韓国もそうだったりします(呆れ

世界の船舶保険と船員組合からハブられる韓国w

まあ、いうまでも無いですが「北朝鮮がある為に」韓国は半島国家ではなく事実上の疑似孤島国家です。
と、なると海路による物資の輸出入が国家の生命線となります。
しかしそんな韓国で生命線となるベキ海運会社の財閥が2016年破綻しました!?
2016年8月31日の、韓進海運の破綻がソレです。

……まあ、とはいってもすでに2013年から『韓国籍の船舶に限らず韓国向けの物資は無保険になる』状態が常態化していたんですが……
どういうことかといいますと、 2013年9月サムソンのクレーン船がインドのタンカーに突っ込みました。

この重油が流失した事件で、韓国の裁判所は衝突した現代重工業のクレーン船ではなく、インド船籍のタンカーに賠償命令を出したのがやらかした事件です。
この判決に、英国ロイズ保険は韓国のふざけた裁判に対し、今後は韓国船舶に対して保険対象にしないと通告しました(当たり前だ。
韓国のふざけた裁判で、保険会社に賠償金を払わせる韓国の汚いやり口に、世界中の保険会社も韓国ボイコット決めました。
今後、韓国の船舶やあらゆる物に対して世界の大手保険会社は韓国の物を引き受けることが無くなりました。
さてこの結果、韓国船舶は無保険状態になりましたが……ちなみにロイズ保険の無い船舶は世界の何処にも港にも寄港できず入港を拒否されますw

ついでに世界中の船員組合が韓国で不当に抑留されしかも虐待を受けたインド人船員の事象を見て怒り、韓国向け船舶への乗船を拒絶するようになりました!w

このような結果、今後は事故が起きたら韓国みずから賠償する韓国政府が事故保険保証する以外方法はなくなりました。
もっとも、韓国海域で事故が発生すると、韓国は他人に責任を全てなすり付るふざけた判決を下す野蛮人と知れ渡りましたから、韓国に行く船などは有りませんがねぇ?w
殆ど戦争地域と同じ扱いですなぁw

……まあ、自業自得なのですが、 無保険状態というコトは輸出入を『海運に頼る』韓国のような国では“死刑判決”に等しい打撃となります。

しかも、実はといいますと今は、船舶のみならず、造船から原発に至るまで海外で韓国のあらゆる物に対して世界の大手保険会社は韓国の物を引き受けることが無くなってしまっています。

さて、ここまで読まれた皆様は一つ疑問に思ったんじゃないでしょうか?

「でも、現実には韓国は困ってないじゃないか!?」

と。
まあ、過分にこの十年の間に韓国が輸出入で危機に陥ったという話は表向きには一向に聞こえて来ませんからねぇ(´・ω・`)
どうしてか? といいますと、海外の海運会社から船員まで相手にされませんが、韓国には幸いにも現代商船と韓進海運という自前の海運会社がありました。
これら韓国海運会社の信用(保険)の裏書きを、韓国政府そのものが保証してなんとか物流を維持しました。
では、2013年以降、韓国の輸出入は韓国の海運だけで賄えていたのでしょうか?
実はといいますと全然そーではなく、 韓国の国営銀行である輸出入銀行が日本のみずほ銀行からの融資で基金を作り保険を引き受ける形でなんとか『保険有り』の体裁を取り、さらに みずほ銀行も韓国に精製した石油製品は自行の融資先の日本の石油会社からのみ購入することを条件に石油の輸入に便宜を図っていたりしてるのです。
それと、実はといいますと『お人好し』のとある国が、韓国に救いの手を差し伸べたから海路による輸出入が完全に断絶する事態に陥らないで済んだのです!?

……ちなみに、韓国に(する必要の無い)助け舟を文字通り出したお人好しの国とは――まあ、予想された通り“日本”です(-""-;)

なんと言いますか、予想に違わず、韓国向けの貨物や石油、食料にいたるまでのある程度の海運物流を、日本の商社が間に入って仲立ちしているんです┐( ̄ヘ ̄)┌

まあ、日本の商社もボランティアじゃないので、商売として卸し、仲立ちしているんですが……その日本を散々ネガキャンしといて、「反日」だの「用日」だのよくもまあ好き勝手やれるモンですわ ┐( ̄ヘ ̄)┌
あの『チョウセンヒトモドキ』どもは!?
海外では、プラントや道路鉄道などの大型事業を韓国は意外と多く請け負っています。
そのほとんどで保険などに入るコトができなくなっていますが、『信用の無い韓国』が海外の仕事を請け負えるのかといいますと、それはなぜなら、日本は韓国の後ろ盾だと思われてるから(´□`。)

いや、シャレでも冗談でもなく、海外では『韓国がなんかやらかしても、イザとなれば日本が尻拭いしてくれる』という、「不愉快な勘違い」が広がっています(-""-;)

まあ、シンガポールで韓国が工事して完成後に一年と持たず崩壊した橋(ただの橋でなく、マレーシアからシンガポールへ水を運ぶパイプラインが組み込まれていた!?)を、工事を請け負った韓国企業が計画倒産で逃げたのでニッチもサッチも行かず窮地に陥ったシンガポールへ、見かねた日本がODAの一環で資金拠出から新たな橋の完成まで韓国の代わりに面倒を見た――なんて事案を始め、日本はキップが良すぎ!? というか太っ腹すぎます(−_−#)

こういう例が少なからずありますし、実はといいますと造船業なんかも、機関部やスクリューなどの重要部分は全部日本製です。
つまり、よーするに韓国が造船の受注を海外から取って来ても、韓国国内で作れるのは船体のドンガラだけで、重要部分は日本製を使わないと、その船は一切の保険を引き受けてもらえません。

つまり、「重要部分は日本製(日本の保証と信用)が無ければ相手にしてもらえない」という状況なのです韓国の製造業は(´_`。)

そーいう意味で、スマートフォンから造船まで、韓国は日本から生産財や資本財を輸入して『ただの組み立て工場』をやってるダケなんですが……最終完成品の組み立ては韓国でも、「部品や中核部分は日本製だから信用できる」と世界中から思われているんですねぇ ┐( ̄ヘ ̄)┌

しかし、現実にその通りで、スマートフォンなどの中核部分や半導体部品の多くは韓国では自前で製造できませんし(棒

この他、工場で使う工作機械や産業ロボットなんかも、“日本製”を韓国はイヤでも使うしかアリマセン。

……さて、このようにして日本は韓国の産業を(たとえ商売だとしても)支え、助けてやっています。
この辺りの話は、まあ皆様もご存じでしょうが、実はといいますと、先の方で書いたように日本は部品や資本財生産財の輸出だけでなく、海外の信用を失い海運物流において国際的に“ハブ”にされた韓国に代行して、仲立ちする形で、鉱物資源や石油などのエネルギー資源から、果ては穀物などの食料まで、その輸出入を請け負い助けてやっています(棒

だというのに、恩知らずというか、怖い物知らずというか……よくもまあ、あれだけ『反日』を行えるモノです(呆れ
ハッキリ申し上げまして、日本は「韓国の生命線」を、部品や製造装置などの産業面からも、そして韓国向けの物流についても抑えてしまっています。
ですんで、もし仮に「日韓断交」なんて事態に陥り、韓国向けの輸出から、韓国が必要とするモノの代理輸入まで止めてしまえば……おそらくそれだけで半月も経たずに韓国は勝手に崩壊するんじゃないでしょうか?w

しかし、そうした現実を韓国政府もその国民も、
「まったく自覚しようとせず!」
好き勝手に自分たちに都合良く『反日』だの『用日』だのと恩を仇で返すようなマネばかりやらかしていますが、ど~いう神経をしてるんでしょうかねぇ?w(皮肉

ああ、恩に仇を返すようなマネは“軍事面”では米国に対して現在進行形で行っていますなぁ(棒w
THAAD問題や北朝鮮制裁への日米韓の協調を崩すような背信まで……列挙に困りませんw
今行われている平昌(ピョンチャン)五輪では開幕式に「最初は行くつもりの無かった」安倍総理がペンス米副大統領と共にワザワザ赴いて「態度をハッキリさせろ」と最後通告までしました。
それを文韓国大統領は姑息にもレセプションで安倍総理とペンス副大統領を、金ブタの妹と同じテーブルに着かそうと小細工を弄したのすよ?

信じられません!?

アメリカ側は「北と動線を出会わせてくれるな!」と、くれぐれも注意するよう命じていたにも関わらず、「偶然出会って立ち話」どころか、同じテーブルに座らせ会話させようと仕向ける工作を騙し討ち的に行ったんですから、いやはや呆れてモノが言えません。

ペンス米副大統領は文大統領の歓迎行事に現れなかった上、レセプション場にも遅く到着し、続いて文大統領との記念写真を別の空間で行い、やむを得ず入ったレセプション場をわずか五分で出ていったといいますが――イイ面の皮でありますなぁ ┐( ̄ヘ ̄)┌

五輪大会中に北爆を敢行しなかったダケでも米国側は自制が利いている(もちろん皮肉な?)というもんでしょう(呆れ

まあ、「38度線から近すぎるからソウルを遷都するように」と米国は三十年以上前から何度もいっていたのに無為に過ごして来たのですから、『あ、ソウル燃えてるw』と日本やアメリカの茶の間でTV観戦する日が訪れても『韓国政府と韓国人の自業自得』というモノでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌ w

執拗に『反日』を繰り返す一方で、今回見て来ましたように輸出入から産業、海外公共事業受注まで日本に世話になり、迷惑をかけっぱなしの『用日』を当然のように要求し、タカって来る韓国人、朝鮮人、コリアン……もうなんでもいいですが、あの『半島ヒトモドキ』ドモを、これ以上、甘やかし・好き放題にさせる義理も責任も日本と日本人にはアリマセン――というかどう考えても無いでしょう?

最低限の『緩衝地帯』としてさえも怪しい迷惑な隣人に、どーして好意どころか同情などを向けてやらねばならないのです?
中国の属国に戻りたい、自由も民主主義も無い独裁体制の支配下に行きたいと「常に最悪のタイミングで間違った選択を選ぶ」いつもの通りなんですから好きにさせてやればいいじゃね?(呆れ

そうとしか思えませんが……どこか間違っていますかねぇ?w
マジで吐き気と嫌悪感しか覚えませんが?
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事