FC2ブログ

Entries

欧米は“偽り”の交渉(時間稼ぎ)は許さない

推摩 一黙のブログ 2018年03月08日 00時01分

先日は災難に遭った一黙です。
さて、個人的な日々の暮らしや出来事とは関係なく世の中は動いていますが……北朝鮮と韓国の南北会談の動きもその一つでしょうね。

で、今のところ、(韓国北朝鮮からすれば)不意打ちを食らわせたつもりの『電撃的な南北首脳会談の開催合意』ですが……こうした流れは「半ば予想されていた小細工」ですんで
「アホか~w」
としか言いようが無いですねっw ┐( ̄ヘ ̄)┌

北……のみならず韓国や、統一朝鮮が成ったとしても
『世界は半島の核保有を許さない』
という大原則は動かないでしょう。
なんかTVの解説議論を聞いてますと……
「パキスタンが核保有しても結局は最終的には黙認した。同じように北朝鮮や半島が核を持つことを認めざるをえないだろう」
とか、“したり顔で”述べている解説員とか居ましたが、呆れ返りますね ┐( ̄ヘ ̄)┌

過去の五大国(米英仏ソ(露)中)を除く核保有国の増加は、公式には確かにインドとパキスタンという例があります。
しかし、インド、パキスタンの核は『インド、パキスタンの両国に限定された』矛先ですし(と、いうより対中に核を持ったインドを、背後から牽制させる為に中国が核技術を流した)、別に国際社会は喜んで認めたワケではアリマセン。

むしろ、非公式に核保有国と観られているイスラエルと、一度は核保有したものの『国際的圧力(制裁)』に寄って核保有廃棄した南アフリカというように、今も昔も『核拡散』につながる核保有核開発を許してはいません。
ましてや朝鮮半島の核保有核武装を許せば、
「日本の核武装」
に道を開きかねませんし。
何よりも北朝鮮の保有を許せば、イランが「ならば我が国も!」と、世界の反欧米、問題諸国がなし崩し的に『核武装競争』に突入しかねません!?
まあ、そうでなくとも北朝鮮から核技術や核兵器がテロ組織やブラックマーケットに流出する危険性が大です。
今でも中東諸国や中南米、アフリカなどに北朝鮮からミサイルや化学兵器が裏で売られているのに、同じように核やICBMが「輸出される」ようになれば手が付けられない状況に陥ります!?

さて、以前にも書きましたが「自分たちの尻に火が付くまで」欧米は「真剣に北の核開発に向き合って来なかった」のも現実です。

しかし逆を言えば、欧州や北米大陸に届くミサイル技術と核兵器の小型化に成功しつつある、あるいはそうした“技術”や“兵器”を欧米に敵対的な国や地域、テロ組織などに「流す」危険性(かのうせい)が現実のモノとなって来たからこそアメリカは「断固とした」姿勢で北の核武装を解体しようとしているのです。

……あと、冷戦も終わり、同じ半島の韓国を助け、優遇する“意味”が薄れ――と、いうより日米にとって経済的にも同盟関係や外交関係でも「害でしかない、負債のような国」に韓国というか朝鮮人がすでに成り下がっているのも大きいでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌

中国人もそうですが、世界では特亜の国々は迷惑な厄介者になりつつあります。
欧米どころかロシアですら中国人や朝鮮人は
「すぐモノや技術を盗もうとする連中」
という評価で固まっており、ロケットや半導体情報産業、製薬産業などの分野で公的機関、民間を問わず『中国人、朝鮮人は一切出入り禁止!』ですw


そ・れ・は、中国籍や韓国籍の留学生や研究者のみならず、その国に帰化した中国系、韓国朝鮮系も同類に扱われているのを見れば、どれだけヤラカシタのか分かろうかと思います(呆れ

今、姑息に南北注連して立ち回り、『南北首脳会談開催!』の美名の下、米軍の攻撃を先延ばしにし、逃れようとしていますが、上手くいっていると考えているのは半島ヒトモドキどもだけでしょうw
あわよくば「非核化」を表明して米朝対話を実現したうえ、様々な条件を付けながらも、その旗を掲げ続けることで「最後通牒」を繰り出させない作戦――姑息な時間稼ぎであることは明々白々です。
今回の韓国が(勝手に)北と決めて来た「南北首脳会談開催」も、アメリカが下手に反対すれば「トランプ政権が平和的な解決の道を閉ざした」との批判を国内外から浴びかねないから『様子を見る』姿勢(スタンス)でいますが、
「非核化に向けた具体的な行動があるまですべての選択肢がテーブルにあり、我々の態度も変わらない」
と経済・軍事両面での圧力を緩めない方針を示し米国は揺らいでいません。
北朝鮮が無条件降伏して速やかな核放棄に応じない限り、米軍か? あるいは人民解放軍か? は判りませんが北朝鮮の命脈が尽きる日が来るのもそう遠くはないでしょう。

さて、それと韓国も、どの道“滅び”ます。
そう言い切るのは、日米が韓国を見捨てるからです。
いえ、すでに『見捨て始めている』と言った方が“正しい”でしょう!
そして軍事国防から経済貿易まで日米に頼り世話になりっぱなしの韓国は、別に日米が制裁や攻撃をしなくとも「相手にしなくなれば」それだけで自滅しますw


まあ、ヒラリー・クリントン女史に「恩知らず一等賞国!」と吐き捨てられたその評価通りの自業自得なのですがw
世の中は騒ぎ動いていますが、一時は「悪が栄え、騙すコトに成功」したように観えても、大きな流れの中では悪足掻きに過ぎませんw
独裁化(毛沢東再び)に突き進む中共も、嘘まみれ粉飾まみれの経済や軍事の肥大化を、虚栄の繁栄を演じていますが、文字通りの『見せかけ』です(棒
汚職や賄賂、手抜き中抜きのオカラ工事が横行し、国富が競って海外に持ち出され流出する。
さらに水源、土壌、大気までもが取り返しのつかない公害や汚染環境破壊が進み、砂漠化が進行する。
そして実際に残ったのはGDPの300%を越える負債と鬼城や採算の取れない新幹線や高速道路網、過剰な供給力と、そして八億~十億の貧困な国民です ┐( ̄ヘ ̄)┌
さて、習近平核心殿は「いつまで」中国の見せかけの繁栄を維持できるのでしょうかねぇ?w
昔、アヘン戦争、日清戦争に負けた中国は『張り子のトラ』であることがバレ、当時の欧米列強の食い物になりましたが。
現代の中国――いえ、中共は『中が虫食いで空洞な巨象』でしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌
その背骨が折れる最後の一羽毛が何時中国を襲うのか?
それは判りませんが「そう遠くない未来」であるコトは間違いないでしょう。
そして、「中国の属国に先祖帰り」しつつある朝鮮半島は中国と共に亡国衰退の道を歩むでしょうナァw
それもこれも奴らが自分で選んだ道です!


しかし……北朝鮮の人民はともかくとして、一時は『自由と人権と民主主義』を味わった韓国国民が
「戦前の李王朝、大韓帝国時代や現代北朝鮮の世界最貧国最低国で自由も人権も無い国」
に戻って耐えられるのでしょうかね?(棒

……在日を見れば分かるかと思いますが、「一向に祖国である半島(韓国)に帰ろうとしない」在日のように、日本や欧米、カナダや東南アジアやオーストラリアなど「住みやすく、人権や自由が守られた」他国に「逃げ出せる者は逃げる」でしょうねぇ(棒

今でも『ヘル朝鮮』とか自虐的に言って国を捨て逃げ出して平気な韓国朝鮮人が後を絶ちませんし ┐( ̄ヘ ̄)┌

そしてそれは中国人も同様で、この三十年の改革開放で豊かになった中国人は「自国を故郷を発展させ良くする」コトよりも、ひと財産築いたら先を争って、その財産を持ち海外に移住するコトが夢――などという救いようもない民族ですし ┐( ̄ヘ ̄)┌

世界ではグローバル化だの自由化だのという「胡散臭い行き過ぎ」に反省して移民や難民の受け入れを見直し制限しようとしています。
そして、イスラム系と共に特亜系――中国人、韓国朝鮮人は、移民先を食い潰す悪質な外来種として警戒され倦厭されています。
おそらく中国大陸と朝鮮半島にしかヤツラの居場所は、これからますます無くなるでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌
そーした扱いや未来を招いたのは、ヤツラ特亜連中自身の責任、自業自得、因果応報……なのですが、決して認めようとしないでしょうねぇ(呆れ

逆に移民流民による人口侵略に日本を始め世界は備えなければならないでしょう!

こーした予想というか、大きな歴史の流れは押し戻し変えるコトはできないでしょう。
ですから、朝鮮半島のゴミどもがいくら悪足掻き、騙そうとしても無駄に終わるでしょう(棒
ですんで、一々動じず、国内外の特亜や反日サヨクやマスゴミの蠢動策動を許さず、シッカリ監視対応していけば日本も世界も大丈夫でしょう。

無論、一時は半島動乱に巻き込まれ、トバッチリから数百から数万の犠牲が出るかも知れません。
そうした不測の事態も覚悟して備えて、イザという時には最善の行動を取るしかありません。

な~にw 地震や火山噴火、台風などの“天災”でも同じですw
私は日本と日本人の強靭さを信じています!
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事