Entries

日本は実は「つよい」?w

推摩 一黙のブログ 2018年03月12日 20時17分

明日、額を縫った六針の糸を解きに行きます。
この一週間、脳内出血とかフラツキ、吐き気どころか傷に触れない限り頭痛もアリマセンでしたのでホッと一安心です。
自転車も三輪のモノを買い替えましたが、転倒時に意識と記憶がアヤフヤでフラフラだったのですが……脳内に意識障害を起こす原因が無いか? これから大きな病院で検査を受ける予定です。

んで、明日の夕方、去年から受けていた心療内科の先生にこれまでの診察経過を記した手紙を書いてもらっていましてもらいに行く予定です。
それと透析を受けている医院の“紹介状”をもらい、診察の予約もしてもらってそれから「どんな検査を受けるか?」まずは診察を受けるコトになるのでしょうかね。

……それと別に木曜の15日には胃カメラの検査がありますし、病院通いに忙しい週になりそうですねw

さて、そんなコトはさて置き……

☆日本は内需主導国=国内産業企業が強い国!?

イキナリでなんですが、皆様は――
「日本もトランプの保護貿易を真似する必要がある」
――と、思いますか?

現在、アメリカの一部輸入品に対する保護貿易、関税をかける動きが国際経済に、いらぬ波風を立てていますが、それとは別に先進国を中心に経済自由化とグローバル化に反発と反感、そして胡散臭いモノを見るような目が向けられています。
それもまあ仕方が無いと言わざるを得ないホド、グローバル主義とヒト・モノ・カネの自由な行き来を保証推進する動きは、様々な弊害と摩擦、衝突や問題を引き起こしています。

それは多国籍企業による「節税という名の脱税」や。
あるいは紛争国や発展途上国から先進国への移民難民が押し寄せ。
または欧州などは域内の国同士でも経済格差がありますから、経済の遅れた国から進んだ国へ、低賃金単純労働者だけでなく、医者や弁護士、研究者などの頭脳人材も独英仏などの社会が成熟し経済的にも強い国に流出して、流出先の英国などでは元から居た英国の医者が給与や待遇面で妥協と引き下げを受け入れたり、逆に経済の遅れた国からやって来た医師たちが不当に安くヒドイ待遇でも「それでも元いた国よりもマシ」だからと受け入れたりして、医師の安売り競争のようなありさまとなっています。

一方で、医師などの頭脳人材が流出した国では、国の発展から社会サービスの維持向上まで支障が出るありさまです ┐( ̄ヘ ̄)┌

この他、最近ヨーロッパ各国に来た移民難民ではなく、1960年代からのトルコや北アフリカなどからの『労働移民』が、英仏独などで国籍を習得し、故郷から家族を呼び寄せたり、移民先で結婚したりして定住して行きましたが、明らかに従来のヨーロッパ人とは異質な『黒人・アラブ系、イスラム教徒』である彼らは「生活習慣文化」が違うだけでなく、一定の区画に集まってコロニーを形成し、いわば「街を乗っ取る」形を見せるなど欧州社会に異物が突き刺さったような感じを与えました。
そして、移民第一世代から第二世代…第三世代と世代を重ねる内に祖父や父の祖国を知らぬ欧州社会で生まれ育った移民系の若い世代が世に出るようになりました。
彼らは、肌の色や瞳の色が違うだけで非イスラム圏先進諸国で普通に居住してきた若い世代であり、中身はメンタルは、イギリスならイギリス人、ドイツならドイツ人、フランスならフランス人であり変わりません。
しかし移民系の外見がイスラム系、黒人系だというだけで、就職や就学で様々な差別を受けています。
その結果、 国内で生まれ育った者が自分が生まれ育った国でテロを起こしたり、暴動や犯罪に走ったりするようになりました。
そしてそのコトが欧州社会に移民系を危険視し蔑視する“悪循環”となってしまっています ┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、『人の移動の自由(移民難民推進政策)』がそのようにグローバル化の弊害の一面を表しているとするなら、『資本とモノの移動の自由』は自由で欧米先進国で重度の社会問題を引き起こしています。
資本の国境をまたいだ自由化は、多国籍企業のタックスヘイブンや各国の税制の穴を利用した脱税に限りなく近い節税やら、資本投資をソロバン計算だけで簡単に移したり┐( ̄ヘ ̄)┌
モノの自由化は、人件費や税金の高い先進国ではなく、人件費や税金、各種環境コストなどが安い発展途上国に簡単に工場などを移すようになりました。
その結果、気が付いてみれば欧米諸国の多くでは産業空洞化が進み、従来のブルーカーラーからホワイトカラー(ホワイトカラーは情報技術の発展も影響して)までの中間所得層の没落を進めてしまいました。

そして冒頭に戻るのですが、こうしたグローバル化の弊害が世界で一般の人々に認識され始めました。

さて、ここで質問です。
日本は「駄目だ駄目だ」とよく言われますが、欧米先進国から中国などの新興国と比べて『本当にそんなに悪い』のでしょうか?
私は「そうは思わない」のですが(苦笑
その根拠は過去の記事で
『世界で唯一のフルセット産業国家を維持』
『93年以来、約25年連続で技術貿易収支(技術輸出額-技術輸入額)において輸出が世界一の黒字国!』
であり、その事からも
『現在、一流と呼ばれる工作機械の世界市場のシェアを見てみると、日本が世界シェアの27%でトップである世界一の技術大国』
であり、日本の主要な輸出品は家電や車などの製品ではなく、産業ロボットや精密工作機械から、高品質高度な資本財や生産財、そしてカーボン素材や特殊鋼などの素材まで現代文明の利器や製品を製造するのに欠かせない基幹技術品です。

そして日本は対外純資産26年連続で“世界一お金持ちの国”の座を守り。
さらに国内を見れば、国民の金融資産だけで1800兆円以上、企業の内部保留は2017年度末で417兆円と、2016年に初めて400兆円を超えた後、現在も内部利益を積み上げています。
そして日本政府の負債も「借金1000兆円越え!? 日本人一人当たり800万円~♪」なんてマスゴミが煽り立てましたが、実際はそんなことなく、日本の国債はほぼ99%内済であり全て円建てであります。
日銀が『異次元の金融緩和』で、市中から400兆円以上の国債を回収しましたが、これでこれまで発行した国債は不胎化、日本政府の負債も1000兆円から600兆円までアッサリと減りました┐( ̄ヘ ̄)┌

さらに日本はその経済力と技術大国としての信用が抜群であり、400兆円もの通貨を金融緩和で市中に流したというのに通貨は暴落もせず80円台~100円、110円の超円高からようやくマトモな通貨価格に戻り、その後も円安が進むどころか隙あれば円高基調に振れようとするような状況でした。
それと金融緩和を行えば、普通、その国の国内の物価はインフレが進むというのが普通ですが……2%のインフレ目標を達成するどころか、むしろそれまでのデフレに戻ろうとするような状況でした(´□`。)

さらに国内の公共交通や電気水道などの公共インフラは世界でもトップレベルの品質と普及、安定的な維持運行を守っています。

そして地震や台風などの“天災震災大国なのがニホンという国”ですがインフラ面での整備普及は防災施設や防災インフラにも及び、そしてイザ被災が起こっても被災者が被災地で暴徒となるようなコトは無く、日本全国から迅速に支援救難の手も差し伸べられ、復興が進められます。
このような社会を皆で維持する協調性や民度の高さは普段の社会でも世界でも稀に見る治安の良さを維持できており、安心して暮らすことができます。

福祉制度や健康保険制度も公共の制度が整備されており、世界的に観れば恵まれています。
無論、高齢化問題や医師の不足、将来的な年金や保険料の不足など無論、日本でも先延ばしされている問題もありますが、それは別に日本ダケの話ではありません。
世界中で高齢化や福祉や医療に関わる問題で人材や設備、おカネの問題で頭を悩ませていない国はありません。
そー考えて世界を見回して観た時、総合的に日本はそれなりに充分に豊かで恵まれた国ではないでしょうか?

さて、そんな日本ですが、実は世間で信じられているホド「貿易依存の貿易立国」ではなく、むしろ内需主導の内需国です。
ここ事実はこの十年ようやく広く知られるようになりましたが、日本の輸出依存度は11.4%でしかなく、経済活動の九割は国内で賄っています。
そして、同じ先進国でも欧米などと違い『国内企業の競争力が強すぎる為』車からお酒まで海外企業のブランドの製品は日本市場に売り込めなくています。
例えば車などは日本国内の海外メーカーのシェアは9.1%と、10%を越えません。
残りの90%は日本メーカーの車で済まされています。
携帯電話などは一時期は国内生産分は100%国内向けで、海外に輸出する必要なく消費需要がありました。
無論、今はスマートフォンなど海外メーカーのモノばかりですが……ガラケーと揶揄されつつも、なんと日本国内でスマートフォンを持っている人の割合は53.5%ですので、残り55%がまだ旧来の携帯電話を使用しているのだそーです!?w
これは「スマートフォンのように多機能はイラナイ。電話は電話できればいい」とか「安いから」とか「機能が簡単で高齢者や子供に持たせる」など理由は様々ですが……生き残っています。

あと、家電などは国内からほとんど製造工場が海外に移転してしまい逆輸入状態ですが、新興国や発展途上国の人件費や製造コストで勝負にならない以上、ある程度はしょうがないでしょうネ?
しかし、安倍政権以降の円安や新興国での人件費の高騰などで、“国内回帰”を図るメーカーや企業が増えています。
移送費や工場での不良品率などを比べたら日本国内で生産しても充分にペイする――そんな計算をする企業も増えているんだそうです(^∇^)

そして欧米先進国ではスッカリ衰退し、消えてしまったような日用品や布製品などの産業分野でも、日本はその名産地、地域ごとに技術を高める方向で努力を続け、「日本でしか作れない」といわれるような高品質高価格品の商品を生み出すコトに成功しています。
そうした商品、製品は決して『大量生産に向いているモノ』ではありませんが、少量多品種で品質の高さで海外でも競争力を保ち。
新興国や発展途上国の人件費の安さだけが武器の「どこでも誰でも作れる」大量生産品とは“住み分けて”産業競争力を保っています。

無論、これからも日本人と日本社会が努力していかねばアッという間に落ちぶれかねませんが(苦笑)、それでも今現在の日本は全体を見、総合的に考えても世界でもトップクラスの豊かで幸せな国でしょう。
隣の韓国はいうまでも無く、欧米先進国から景気が良いハズの中国などの新興国まで、若者世代の失業率の高さに頭を悩ませています。
一方で日本は3%台はおろか完全失業率が2.8%にまで低下、高卒でも大卒でも新卒は卒業前に『内定』がもらえる――という、海外から見れば信じられないような国だといいます。

さて、無論日本国内にも「まだまだ課題や問題は山積み」ですが……「天国の悩み?」とでも申しましょうか?
どんな国や時代でも「人の世の悩みは尽きぬ」モノです┐( ̄ヘ ̄)┌
そう考えた時、日本は決して「駄目な国」ではなく、誇ってもいい良い国を連綿と日本人は昔から築いて来たんじゃないでしょうか?

☆北と米国が会談!? 日本はハブられて……いないw

さて、次に今、韓国の仲介でアメリカと北朝鮮の首脳会談が実現か!? という話で持ち上がっています┐( ̄ヘ ̄)┌
これに北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の訪朝招請にトランプ米大統領が応じたことで、日本政府は緊張しながら「ジャパンパッシング」を懸念していると、韓国メディアが嬉しそうに報道したりしてますし。
国内マスゴミも『モリカケ問題』と併せて安倍政権窮地!? とこれまた嬉しそうに騒いでますが……パヨクどもの糠喜びでしょうw

核放棄の具体的行動があるまでは米朝会談はないという発表もありますし、北が「核凍結でなく核廃棄で合意」しない限り、話は破綻するでしょうネ ┐( ̄ヘ ̄)┌
むしろ米国が北朝鮮と国交結んだからって、日本が追随する必要もない。
むしろ米国の条件が核やミサイルだから、米国の交渉を支援して完遂してくれれば、日本の北朝鮮に関する安全保障の問題は解決する――無論、拉致問題は残るけどね( ̄_ ̄ i)
北は最悪でも「核・弾道弾配備停止と引き替えに、在韓米軍撤退・国連軍解散。米韓同盟の破壊」を目論んでするだし、それとそんな条件で北の核放棄を交渉するならまとまるだけで何年もかかるから、それはそれで『時間稼ぎができる』とかまた考えてるんでしょう(呆れ

アメリカは核兵器廃棄の具体的行動を見せないと首脳会談しないって言ってるし、制裁を続行し強化して行くことで日米になんらブレは無いし。
今回の米朝会談の話も、トランプから安倍総理に直接電話で話もしたっていうからねぇ?

北朝鮮はもちろんのコト、韓国のコトも日米は信じていないんですよ?
なので四月までの期限を切ったトランプが言わんとする事は「四月までに核廃棄で無条件降伏しなければ北朝鮮を爆撃する」ということでしょう(棒
いずれにしても朝鮮半島は無力化されます。
それは南の韓国も同様で、今やアメリカは韓国を見捨てつつあります。
米国政府の鉄鋼・アルミニウム関税賦課を観ても「米国はもはや韓国を同盟国扱いしていない」ですし。
統帥権の返還と共に米韓同盟の終了もあり得ます!?
まあ、北の核とミサイルをどうにかするまで米韓同盟を維持するでしょうが、今年中にもし決着が着けば、間違いなく数年以内に米韓同盟は終了し、在韓米軍は完全撤退するでしょう――それも「喜んで!」

米軍の海外赴任地として中東の紛争国並みに嫌がられ嫌われているのが韓国だといいます。
辞令が下りた時点で辞表を提出する者も後を絶たないといいますから相当なモノでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌

朝鮮戦争再び! という危機が近づく今、余計に人気は落ちてるでしょうねw
まあ、地上兵力は38度線付近からソウルのはるかに南方、 京畿道平沢(キョンギドピョンテク)への移転が去年七月にほぼ完了していますしねw
弾薬庫の備蓄は半島からすでに十年以上前から沖縄やグアムに移動され(韓国が『安く売ってくれニダ!』と懇願したが米軍は無視したw)空っぽですし、米軍は有事の際は自国民と在韓日本人や各国外国人の保護と脱出だけを地上戦任務としては考えていて、北とのドンパチは韓国軍に任せる――コトしか考えていないコトは間違いないでしょうw

……まあ、地上戦になる以前に初撃の700箇所を越える軍事目標に対する爆撃、ミサイル攻撃で北の軍事能力は潰される可能性も高いんですが……それでも生き残った38度線以北の北朝鮮陣地からの砲撃で「あ、ソウル燃えてる♪」と、なっても別に不思議じゃアリマセンがw

いずれにしても、半島が片付けば、日米はいよいよ「中国と直接相対する」コトになりますし、その方がよっぽど重要でしょう!
日本のヘリ空母導入やF35やオスプレイ導入も韓国北朝鮮相手ならオーバーキルです。
イージスアシェアの導入やミサイル防衛の構築も、どー考えても北ではなく、中共やロシアが仮想敵国でしょう!

ま、米国や日本から観た場合、極東ではロシアは脅威としては二の次でしょう。
むしろロシアの脅威は欧州方面での話で、その欧州で中国が直接の脅威になっていないように、日本の仮想敵国は中共が第一、ロシアは……脅威順位でいうと低いでしょうねぇ ┐( ̄ヘ ̄)┌

……とはいえど、その習近平核心(皇帝)の中共も、日米相手にマトモにケンカ(戦争)をする余地はないでしょう。
負けるのが目に見えていますからw
そして一度でも負ければ習近平政権の屋台骨が揺らぎかねません。
そんな危険を冒すとは……まあ、考えられませんし。
ケンカ(戦争)するなら先に台湾やインド、ベトナムなどいくらでもいますし。
上手くやれば国内問題やら二国間紛争で西側の介入や制裁を避けられますしネ ┐( ̄ヘ ̄)┌

ああ、それとその前に、「人民解放軍による北朝鮮蹂躙」が可能性としてありますw
こちらも勝てるせんそーですし、中共にとっても北の核やミサイルは『目障り』ですから。
アメリカが北を潰す前に自分たちで殺ってしまう……そういう可能性も充分にあるでしょう。

以上ですが……本日の話、いかがでしたでしょうか?
ではでは、マター(°∀°)b
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事