FC2ブログ

Entries

特亜狙い撃ちの米国関税引き上げ、鉄鋼輸入規制は何を引き起こすか?

推摩 一黙のブログ 2018年03月23日 08時16分

お久~ぁw
一黙ですw
今週は色々と病院通いが忙しくて更新が滞りましたっ(爆
胃カメラの検査の結果とか聞いて来たんですが……一年ぶりの定期検査で結果は『問題なし!』で良かったですw
十二指腸などに潰瘍のあった跡とかあったんですが、綺麗に治っていたんで問題ないそーです。
……さてさて、来週は半年ぶりに肩の診察を受けに行きますし、それとこの前『転倒』した際に打った頭と去年から“記憶が飛ぶ!?”件に関して改めて詳しい検査を受けるコトになるんで、忙しく――と、いいますかまた入院とかありそうです(´・ω・`)

まあ、そんなことはさて置き……
本日、アメリカでいよいよ鉄鋼アルミ製品や中国などの「特許侵害国」に対する関税引き上げが行われますね!

主に『中国』がターゲットですが……韓国も対象に入っているよーです(棒
韓国は次のよーに“火病って”ますが……

日本は除いて韓国だけに報復?米国の鉄鋼輸入規制案に韓国から懸念の声
2018年2月20日
2018年2月19日、韓国経済によると、米商務省が韓国やブラジル、中国など12カ国から輸入される鉄鋼製品に53%の“関税爆弾”を課すことをドナルド・トランプ大統領に提案した。

同盟国の中で規制対象に入ったのは韓国のみ。

そのため、韓国では「米国の貿易報復が主要交易国の中で韓国に集中しているのではないか」と懸念する声が出ているという。

米商務省は16日、鉄鋼とアルミニウムの輸入が米国の安全保障に及ぼす影響とその対策についての内容を盛り込んだ「通商拡大法232条報告書」を公開した。

報告書は「鉄鋼とアルミニウムの過度な輸入が米国の関連産業の衰退と米国経済の悪化につながり、米国の安全保障を脅かす恐れがある」とし、鉄鋼製品の場合は全ての製品に24%の関税をかけるか、全ての国の鉄鋼輸出量を昨年比63%に制限することを提案した。

また、韓国やブラジル、中国など12カ国の輸入製品に53%の関税を課し、その他の国は昨年基準に輸出量を制限しようとの案も出された。

これを受け、中国商務部は17日に声明を発表し、米国が上記のような貿易規制を発動するなら報復措置に出るとの考えを示した。韓国の産業通商支援部は18日に対策会議を開き、被害を最小限にとどめる案について議論したという。

これについて、韓国のネットユーザーからも
「米国にとって韓国は同盟でないようだ」
「中国もまだ高高度防衛ミサイル(THAAD)に対する報復を続けている。韓国の景気は非常に悪い」
「外交惨事が経済惨事につながってしまうのか?」
などと懸念する声が出ている。

また、韓国政府の外交について「韓国の同盟国は北朝鮮だからね」「中途半端な外交をしているから、中国にも米国にも嫌われる。結局、韓国に残ったのは金正恩(キム・ジョンウン)だけ」「反米親中政策を捨てるべき」「米国と中国の両方と付き合う二股外交の結果」「日本は北朝鮮への強硬姿勢を貫いている。一方の韓国はどうだ?」などと指摘する声も。

一方で「これを機に、米国を捨てて中国と手を組もう」「永遠の友邦はない。韓国は米国に頼らず生きていくべき」「外国で韓国は米国の属国とみられている。もう米国から独立する時だ」などと主張する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

――中国の安い鉄板を『迂回輸出』とかやってればネー(棒
オマケに他国の特許・知的財産権侵害は今に始まった話じゃネーシ(棒)、半島情勢に関しても従北媚中(反日反米)の姿勢を隠そうともしない韓国なんざ
「アメリカの同盟国でも、日本と『同じ』価値観を共有する国でもなく」
これまでのような“甘い態度”などではなく、むしろ「見捨てられつつある」というコトにイイカゲン気付かないモノなのでしょうか?(呆れ

……まあ、気付かないからこそ、あーいう『コウモリ外交』をつづけれるんでしょうね! ┐( ̄ヘ ̄)┌
あと、図々しいまでの自分勝手な要求とか……例えば、ぞろまた言い出しているのが「日韓スワップの再締結ニダ!」で。
正直、いいますと日本側としては「ふざけんな!」ってなモンで相手にしていませんがw
当然、アメリカからも韓国とのドルスワップは拒絶されており、「通貨危機再び(韓国限定)!?」の恐怖に韓国は震えておりますw

まあ、日韓にしろ米韓にしろ「通貨スワップ」なんて結んでも、一方的に日本か米国が「韓国を支援する」だけの片務的なモノになるだけですからねぇ?
冷戦期や五年前までならともかく、韓国にそんな優遇や支援措置を行う価値は最早アリマセンし、それどころか日本にもアメリカにも散々、後ろ足で砂をかけるような恩知らずップリを見せ。
さらに半導体や液晶モニター、スマートフォンなどの知的財産権を散々、産業スパイや特許侵害で迷惑をかけて来ましたから、今回のアメリカの「対外懲罰的関税」の網に韓国が同盟国扱いされず、中国同様に懲罰されるのも当然といやー当然でしょう(棒

さて、しかしこれで北朝鮮の経済制裁も併せて、特亜三国+ロシアは、ますます苦しくなっていくでしょうねぇ?
特亜三国は通貨操作やダンピング輸出がこれで公式に禁じられるコトになりますし。ロシアはロシアで、英国でヤラカシタことが裏目に出て、中東でシリア等から手を引きせっかく欧米との関係改善を模索していたのに、全部オジャンです ┐( ̄ヘ ̄)┌

こちらも自業自得としか言いようがないですが、これで経済制裁が続き、ロシアは輸出扁重の経済を改善するコトも、その輸出品である『資源』の採掘とその効率化近代化に必要な西側の技術も高度な資本財も、機械もそして投資も受けるコトができず、ますます産業競争力が遅れて行くコトになるでしょう。

それでもロシアの人口は日本と同程度の一億四千万人強程度ですし。
それに対して広い国土と豊かで手付かずの資源があります。
旧式の設備でもヒーヒーいいながらなんとか国の経済を維持して行けるでしょう。

それに対して対照的に『未来がまったく無い』のが特亜三国の連中ですw
産業は「組み立て工場」から脱していませんし、国内に多くの債務や歪みといった問題矛盾が積み上がっている事も共通しています。

国内産業の供給力過剰から。
次世代の新製品、新産業を独自に技術力で生み出す力はアリマセンし。
かといって、これまでのように外国からの技術導入(という名のパクリ)や投資を呼び込むのは困難に(主に自業自得の身勝手が原因で)なっていますし。
その一方で、中韓両国ともに高い輸出依存構造の国ですから、輸出に陰りが見えれば、後はアッという間に苦境に陥るでしょう!

今回のアメリカの関税引き上げや輸入規制は、グローバル化を進めて来たアメリカにも他国との横のつながりサプライという意味において製造業のコストUPや物価高などマイナス面もあるでしょうが、その被害の大きさは一時的なモノで済むでしょう。

日本は……一部では心配され騒がれてますが、他国と違い『高付加価値高技術品』が主でありますんで、何も心配はないでしょう。
今回の鉄鋼アルミニュウム関税引き上げでも中韓の流す「安い普通の鉄板」には高い関税を掛けれましたが、日本から輸出する特殊鋼や高度な高付加価値の鉄鋼は、アメリカでは生産できず日本から輸入せねば車などの製造業が成り立ちませんので、競合しない以上、米国の関税引き上げの範囲から外れていますし。

んで、今後、朝鮮有事とは別に、今年から数年以来に経済的な要因――通貨危機やアメリカの利上げなどによって中韓特亜の国々は苦境に立たさせられ、下手しないでも「いつ、その国内社会に内応した矛盾や問題、債務の多さ」が露呈して社会が崩壊混乱状態になるでしょう。

そのように予想しますが……皆さまはどう思われます?
ではでは、またご意見ご感想をお待ちしていますw
ではでは、マター(°∀°)b
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事