FC2ブログ

Entries

誰得? 経済――と化していく世界

推摩 一黙のブログ  2018年05月07日 05時09分

一黙です
GWも終わりましたが皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は久々に東京から帰って来た弟と会ったり色々と充実したGWでした♪

さて、世間ではGWということで和気あいあいと過ぎていったよーですが……それは日本の中の話で、世界に目を転じてみれば着々と事態は進んでいるよーですね。
ロシアでは「プーチン長期政権とこの前の選挙疑惑」で反プーチンデモが起こっていたりしますし。
特に北の核問題は、南北首脳会談後、日本では
「南北融和! 平和条約締結、半島統一!」
とかマスゴミは半島に忖度w して騒いでますが……米国は歓迎するといいつつも『丸で信用していない』のが明らかで『北の核廃棄が無ければ攻撃する』と明言し、沖縄には北朝鮮が洋上で違法に物資を積み替える「瀬取り」を監視するため、オールトラリアとカナダ軍が派遣、英国も監視任務に派遣を計画中と米軍以外の各国軍が、在日米軍基地を拠点に集結し半島包囲網を粛々と築きつつあります。

他、米空軍は従来の四倍の威力ある核重力爆弾B61-12の実験を行い成功――これは“核兵器版のバンカーバスター”で対象は明らかに地下に籠る北朝鮮だろうといわれています ┐( ̄ヘ ̄)┌
この他、初のB2爆撃機十機編隊飛行など示威行為を(日本では報道されませんが)重ねており、北への圧力が高まっております。

しかし南北会談で調子に乗った半島馬鹿二ヵ国は、北が「日本から二兆円はせしめるニダ」とか調子にのっていますし、南に至っては……

日本との通貨スワップ再開に向け努力 韓国中銀総裁が意向表明
2018/05/06
【マニラ聯合ニュース】

 韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、金融危機時にドルなどを融通し合う韓日通貨交換(スワップ)の再開に向け努力すると表明した上で、今後このための協議が始まるとの見方を示した。

 4日の韓国、日本、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)による財務相・中央銀行総裁会議後に報道陣に明らかにした。
 韓日のスワップ協定は2015年2月に終了したが、両国は16年8月、韓国の提案により再開に向けた協議を開始することで合意した

 。しかし、釜山の日本総領事館前に旧日本軍の従軍慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことを受け、昨年1月に協議は中断された。

 李総裁は今年3月下旬まで「(協議)再開までは時間がさらに必要」と発言していた。

 だが、南北首脳会談などを機に北東アジアの情勢が変わり、スワップ協定を巡る協議の再開に向けた動きにも影響を及ぼしているようだ。
 韓国青瓦台(大統領府)高官も「韓日高官級会談が本格化する契機がつくられれば、スワップ協定問題も協議することになる」と話した。

……などとまた勝手な願望をホザイテおりますなw

要するに、なんか韓国が「南北会談は日韓スワップ再開の好機ニダ」とかほざいてるが意味不明w
あと、中国も「密かに三兆円規模のスワップっを日本と結びたい」とかいってきているらしいですw
冗談じゃない!
誰が連帯保証人みたいなモノを結ばにゃならんのだ?
日本は都合のイイATMでもなんでもないぞ!?

まあ、米長期金利の上昇で新興国からの資本流出が始まる中、アルゼンチンの通貨ペソはドルに対して急落しており。
通貨防衛のために緊急利上げ(アルゼンチン、緊急利上げで政策金利40%に 2018/05/05)を余儀なくされたが、中韓ともに同じように外貨流出、外国資本の投資減退脱出を防ぐ為に金利等上げて行かねばならないだろうし、結果として輸出頼りの経済の悪化や外貨準備への不安から「日本の信用の裏書き」が喉から手が出るホド欲しいんだろうが……
日本が応じて何の得が?

共に反日を隠さない敵国であるし、経済的にも(パクリや産業スパイ等での悪い意味で)競争国であるというのに?
さらに米国に貿易黒字削減や不正貿易、知的財産権侵害で懲罰的関税をかけられそうになっていて苦境に立たされているとしても。
全部、ヤツラ中韓の自業自得じゃんw

☆グローバル化の矛盾破綻が東アジア危機を招く!?

とはいえど今の世界経済は、基本的にはどこも加工貿易をしてるんだから二国間で収支が合うハズないわけで ┐( ̄ヘ ̄)┌
特亜中韓の苦境は自業自得といっても、世界経済的な見地で見ればメリケンは資源国相手に黒字を出して間接的に回収すればいい話なんですよ――アメリカは自分の国が儲かってる分野でソフトとかサービスとかでねぇ。

と、いいますか、それしか道はないと思うんですが(棒
アメリカ企業が中国進出してアメリカに輸出してるのも確かだが、他国の安い労働力を利用しておきながら、国内産業空洞化に今さらながら慌て騒いでも後の祭りなワケで。
それも過去三十年以上に渡る積み重ねだから一夕一朝での力業で解決できるワケが無い(´_`。)

しかし今後、アメリカは「強引にでも産業の国内回帰と囲い込みを行い」産業力の復活を図ろうとするだろうし( ̄_ ̄ i)
先にも述べた金融緩和の終了と金利引き上げが待っているし、世界経済の地殻変動は当面続くだろうねぇ。
誰得という話であると共に、それは今まで安穏と儲けていた新興国が――特に中韓が経済的震災の直撃を受けるコト間違い無いだろう。
さらに近い将来ここが……極東がホットスポットとなるコトは避けられないでしょうΣ\( ̄ー ̄;)

幸い日本は『特亜を切り離して』この二十年地道に東南アジアやインドと経済圏を構築し。
通貨危機等に備えて支えるバックアップ体制を構築していますんで90年代のアジア通貨危機のようなコトが起きても今度は中韓の苦境を他人事として眺めていれますが(棒
中国市場にドップリな国――ドイツや韓国なんかはひどいことになりそうですなw

まあ、グローバル経済なんていって経世済民の本来の目的を忘れて金儲けに勤しんで来たツケをこれから払う訳ですが……
中韓はおろか欧米諸国もどう始末をつけるんでしょうかね?

なんかアメリカはツケ回しを貿易不均衡の見直し、米国製品の押し付けで他国に押し付ける気マンマンですが……そう上手くいくんでしょうか?

日本は自国からの輸出品は、他が真似できない高品質の高付加価値品か製造装置で、組み立て最終製品は第三国経由か直接輸出対象国で現地生産を進めているんで。
今さらアメリカと貿易戦争といっても工業製品はほとんど関税ゼロですからねぇ?
後は畜産農産物くらいですが……今さらというか、肉一つとってもTPPを抜けたアメリカは40数%の関税がかかったままで。
TPPで20%にまでコレから下がるオーストラリア産と競争して日本市場負けるのは目に見えてますし。
ま、それ以前に狂牛病等、月齢と全頭検査に(日本側が費用負担するといっても)『何故かw』応じない米食肉業界では、別の意味(安全衛生面)での規制をクリアするコトが難しいでしょうがヘ(゚∀゚*)ノ

それもトランプは「非関税障壁だ」と騒ぎ立てるんでしょうか? 
……立てるんでしょうねぇ(呆れ
まあ、二国間直接交渉を求めて来ても「TPPに再加入でどうぞw」と日本はのらりくらりとかわしてゆけますが、そうできない中韓などの国々は厳しくなるでしょうねぇ?
その結果、帳尻を“戦争”でまた合わせようとしそうですが……今度は中東だけでなく東アジアが戦場になりそうで嫌というか怖くなります。
杞憂で終わればそれでいいんですが……さて、コトが起こるのが早いか? 戦場が半島になるか? 台湾や南シナ海になるか? 予測は困難ですが頭が痛いですね。

しかも、初っ端から取り上げましたが先の南北会談で南北共に調子に乗っていますからねぇ?
まるで「半島の核問題はこれで片付いた、次は半島の為にもっと支援するニダ!」とばかりに妄言を垂れ流していますw
南は半島平和、戦争回避に必死になるあまり、北のいいなり代弁者に成り果てていますし。
北は北で誰も求めてもいない『日朝会談を求めるなら制裁を解除すべきだ、でなければ「一億年たっても、(北朝鮮の)神聖な地に足を踏み入れることはできない」 』とかほざいてますが、なんか勘違いしていますなw

南北会談が終わり米朝会談が迫る中、「日本が置いてゆかれる~w」とか日本のマスゴミが煽っていますが……いえ、別に全然んそんなコトないんですが?
むしろ一応交渉を進めているといえど、米朝会談が中止になったり、たとえ開かれたとしても会談の場が宣戦布告の場になる可能性が充分に高い! んですが?w

それと嘘つき北朝鮮を日米……どころか世界中が信じていませんので、米朝会談後も「北の核廃棄が完全に確認されるまで」世界の圧力制裁は強まるコトはあれど緩むことはないでしょう。

リビア方式とはそーいうことです。

オマケに今、世界は欧米はまたぞろ『戦争したい病』にかかりつつあります。
欧州中東側ではロシアの脅威が目に余り、その非公式同盟国であるトルコやイランを含め叩いてしまいたい……という雰囲気ができつつあります。
東アジアでは特亜三国が軍事的経済的に叩かれ、それまでの好き勝手が許されなくなっています
すでに熱い戦争は起こっていなくとも、経済制裁や報復関税などの圧力で冷たい――経済戦争は始まっています。
まあ、このまま世界経済から孤立している北も含めて、経済的に締め上げるダケで勝手に自滅しそうですがw 北と中国は軍事力だけは無駄に溜め込んでいますんで、鼬の最後っ屁で騒乱戦乱を東アジア地域で引き起こしかねません!?

まあ、どうなるかは? 今後の米朝会談などを見なければ分かりませんが、早ければ六月七月中にも半島で戦火が見られることになるでしょうねぇ(-""-;)
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事