FC2ブログ

Entries

米朝会談がどうなっても在日にとっては地獄だと判明w 強制送還ついにクル━━━!w

NewsU.S. 2018.06.05

・まあどう転んでも、日本にはメリットしかない。
推移を見守りつつ、リスクを排除する方策を
早め早めに打っていくことだな。
話が順調に進み、朝鮮戦争終結
→半島籍在日の特永許可(戦争難民扱い)は撤廃。一般永住許可の要件を満たさない者(特にナマポ受給者)は全員半島送還(20~30万人ほど?)
→さらに統一となり、赤化統一なら南鮮にも経済制裁が及び、南鮮完全終了。半島籍在日は一般永住許可も全員許可取消の上、半島送還(南鮮パスポートが無効化するため)。
→南鮮主導での統一でも、日本からの援助は一切なく、北の核はアメさんが没収。最貧地区の北を抱え込み統一費用に困った統一政府は、在外民に帰還命令を出し全資産没収。在日も例外ではない。
話が決裂し、空爆
→朝鮮籍・北朝鮮籍在日(総聯など)は、北が戦時下になるので全員軍人化。そのままでは便衣兵になるし、北から帰還命令が出る。
→さらに南鮮が参戦すれば、南鮮籍在日も全員軍人化(以下同様)。
(在日にとっては休戦状態が一番都合いい…始まっても終わってもダメ)
・在日の方々が猛反対しそうw
・そりゃ猛反対するでしょう。
親を殺されたり子供が殺されたりしてますから。
日本で得た権利は全て剥奪された
挙句の果てに強制帰国命令。
反抗したら射殺対象ですからw
・大東亜戦争終結により日本軍が「降伏」したあと、国共内戦が起きて毛沢東と蒋介石軍が争ったことは周知の事実である。
蒋介石が負けた大きな原因が、印度方面に駐留していて、米国から最新式の武器を与えられ訓練されていた精強?な「新1軍」と「新6軍」の60万の将兵が、旧満州での国共決戦に参入せず、怒った蒋介石がこれを「解雇」したことにある。
解雇された両軍はそのまま毛沢東に「寝返った」のだが、朝鮮戦争が始まると、毛沢東はこれをうまく利用して、北朝鮮に「恩を売り」、ソ連からの援助を引き出し、同時にこの「信用出来ない寝返り軍」を、米軍と戦わせて「始末する」ことを考える。毛沢東は、米軍がどのくらい強いか全く知らなかったが、米軍式装備を誇る彼らに戦わせ、共産軍の温存を図るのだが、その時旧蒋介石軍の軍長に言った言葉が面白い。
「貴軍は降伏して私に忠誠を誓った。その忠誠心を発揮する時が来た」というのである
こうなれば両軍長とも朝鮮の戦場で戦うしかない。そこで「義勇軍」と称して北朝鮮に侵入して米軍と戦うことになるのだが、一時的に有利な展開をしたものの結局は全滅する。こうして毛沢東は、金日成に恩を売り、スターリンから援助を獲得し、何時自分に刃向うかもしれない60万の旧蒋介石軍を始末したのである。
・戦争終結宣言で起こる事
在外コリアン強制帰国 戦争終結で身元全てチェックして登録
在外コリアン資産の没収と永住権・特別永住許可剥奪
南北朝鮮全軍の一時的武装解除と戦争終結宣言と誓約書への署名と国連への提出
戦犯裁判 誰がどこで何が原因で発生したのか?徹底追及
戦犯逮捕
戦犯死刑
死亡した国連軍兵士への謝罪と賠償金支払い 数百兆円規模
死亡した双方の兵士の遺骨収集と盛大な法要
38度線の全地雷撤去作業 南北朝鮮人が行う
統一朝鮮国として新しい国名となるのでこれまでの所持していたものは全て剥奪
金・物・武器弾薬・自称領土は全て国連預かりとなり誰の物なのか以下全て審査対象。
統一に伴う国連加入審査が10000からなる項目で全て査察対象となる。
統一に伴う費用は韓国と北朝鮮が折半となりその金は全額国連が預かり管理する。
これ以上の事も起こるので頑張れ朝鮮民族w
終戦宣言で永住許可なくなって強制送還
半島有事で日本は中立宣言で強制送還
どっちでもええから早よ帰れ。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事