FC2ブログ

Entries

トランプは、勝てる勝負をドブに捨てた!?

推摩 一黙のブログ 2018年06月13日 00時21分

本日の米朝会談……朝から一通り、報道をチェックしていたんですが、私の感想は――

トランプは手札に勝てるカードが充分揃っており、ポーカーフェイスを気取らなくても強気に『レイズ』し続ければ勝てる勝負を自ら、降り勝ちを流してしまった!?

――と、いう風にしか見えませんねぇ?(呆れ

相手の金ブタの手札は強気に『核カード』か『韓国(ソウル)道連れカード』が揃っているよーに、いくら「見せかけ」ても、おそらく“豚”の何の役も揃っていないのがミエミエでしたのに……圧倒的に有利な勝負の場で、トランプは勝負を投げ捨てて流局させてしまいました!?
しかも今後の次の勝負までに、相手(北朝鮮)がイカサマする隙を与え、「ソウル(や日本)などの被害が出るかも!?」カードや「在韓米軍撤退カード」などを北に与え、さらに北が『核小型化』と『ICBMの大気圏再突入技術』入手カードを揃える暇を与えるというお墨付きまで、「気が付いているのかいないのか?」与えてしまいました!?

恐らく、米国務・国防両関係者は頭を抱えているんじゃないでしょうか?(棒

さらに、今回の勝負にトランプに乗った安倍総理もあんまりな散々なトランプのありさまに頭を抱えてるんじゃないでしょうか?
なにせ、一応は『拉致問題に言及』してはくれているものの、あれでは「しなかった」方が、まだマシでしょうネ!
トランプが話を持ち出したタイミングと言い方では、まるで『拉致問題は日本からカネ(支援金)を引き出すための条件だ!』と言っているも同然で、これまで同様――いえ、核やミサイル問題同様に北が「譲歩を引き出すための交渉手段」で利用できるカードというか口実を与えてしまってます!?

そもそも、北朝鮮への支援も統一朝鮮への支援も、も日本には半島に『カネを出す』いわれはもとともありません!
ただ、隣国で金持ち国だから『都合のイイATM』のように扱われていますが、まったく迷惑な話です!(怒

日本がカネを出す前提で話が進められていて、その取引材料に拉致問題は使われ、相手方のカードにさせられているのを、今回のトランプはうかつにも認めました!?
日本からすればたまったもんじゃありません!
すでに日韓基本条約時に韓国に『独立祝い金』名目で韓国に北朝鮮分まで渡しているコト。
本当は、賠償を請求すべきは半島側でなく、拉致という国家犯罪の被害を受けた日本側にこそあるベキです!

今晩、ゴールデンタイムにやってた池上彰の米朝会談特番でも、池上の馬鹿が素知らぬ顔でサラリと「日本は日韓基本条約で賠償で五億ドルを韓国に支払い……」とか言い腐り、さらに小泉訪朝で「日本は北朝鮮と、戦後賠償で“北朝鮮分として”今の価値に治して一兆円~二兆円を支払う密約を交わし……」などと、まるで日本が北や半島にカネを払うのが当然!? であるかのように言い腐りましたが――もちろん事実捏造誤認です!

本当は戦前に半島に残して来た資産や投資して来た費用を含め、日本には半島に対して莫大な請求権はあっても、一銭たりとて何かカネを支払わねばならぬいわれはアリマセン!(ド怒り

この辺の認識を日本人の中でも戦後の自虐史観などによる洗脳思い込みをさせられている方が多いので参ってしまいます!(怒

いずれにしてもこれからも集られるコトを、半島連中がタカル事を本日の米朝会談でトランプは認証する発言をしてしまいました ┐( ̄ヘ ̄)┌
この事は、いままで同様、これからの日本の禍にしかならないでしょう。


さて、それでも米国が、トランプなどではなく、歴代の普通の大統領……できればアイゼンハワーのような軍人ならば、『戦後処理』で多少半島を利する言質を与えるよーなコトがあっても、今日の米朝会談のような「なんら成果の無い」惨憺たる有様には終わらせなかったでしょう!
少なくとも、国務・国防省に『事前の下準備、調整』を任せて、勝負が決まるまで相手を追い込む『通常の手順』に従っていれば、北に「核放棄を言明させ」さらに「その期日と条件」を明解にさせ、そして米側が納得(満足)いく内容を有無をいわせず飲ませるか? あるいは戦争に追い込まれ滅びるか? 好きな方を選ばせ選択させる所まで追い込めていたハズです!

なのに、トランプは素人政治家、自称交渉の達人の“悪い点”が今回は全体に出てしまいました!?

北への核放棄でなく、半島の非核化=在日米軍の撤退が終着点という言質を北に与え。
さらに、その理由として、「半島で戦端を開けば多大な犠牲が出るから」という『半島での軍事行動』に出る際のデッドラインを、つくらなくていいボーダーラインを自ら引き、米軍を自縛してしまいました。

さらに、核廃棄の監察方法とその期日を曖昧にしたまま合意しましたので、北朝鮮に誤魔化し、時間稼ぎする余地を大いに与えただけでなく。
北が今後、その隙をついて今度こそ「確実に米国に届き起爆する」核ICBMを開発する時間と隙の余地をみすみす与えてしまったのですヨ!?

おそらく今後、中共やロシアをバックに、韓国の親北派を巻き込んで、今まで通りの面従腹背の嘘八百で、アメリカを騙し、今度こそ本当に『核保有国』となって恫喝外交を仕掛けてくるでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌

まだ二年ほどは時間がかかるでしょうが、そういう悪足掻きを許す余地を愚かにも今回の米朝会談でトランプは北に与えてしまったんです(´_`。)
そういう諸々を考えた場合――残念ながら、今回の首脳会談で「勝者は金正恩」で「敗者はトランプ」でしょう(^_^;)

朝鮮を曲がりなにも韓国が主導か? あるいは国連委任統治の緩衝国として軟着陸させるその前提条件は、何よりも一番の条件は「北の金王朝、世襲独裁体制を打倒排除」しかアリマセン┐( ̄ヘ ̄)┌
これは日本人拉致被害者問題の解決でも同じです!

しかし、本人が自惚れるホド『交渉(ディール)の達人』でもなんでもなかったトランプのポカにより。交渉で屈服させる機会も、そして米軍事力での解決の選択肢も潰えました……

トランプが今回の会議で「金ブタに慈悲を示す」なら、ブッシュJr時代の、第二次湾岸戦争時にブッシュ政権とネオコンがフセインに迫った。
「サダム・フセインとその息子たちは48時間以内にイラクを離れなければならない。拒否した場合には、軍事衝突になる」

と述べ、大統領、長男ウダイ、次男クサイの3氏に対し、48時間以内の国外退去を求めたその時の再現で、金一族に北朝鮮から出て行くなら、亡命先で今までに貯めた蓄財で亡命生活を黙認する――という条件まででしょう!
そーいう政治センスがトランプに抜けていたのか? あるいは周囲の側近がそういう風に選択を突きつけるベキだ! と助言したでしょうから、それを聞き入れる余地がなかったか?
いずれにしても、トランプは自分で招き入れた失敗・判断ミスです!

今後は、本日の失敗のツケにトランプとアメリカは悩まされ、後悔し続けるコトになるでしょう(-""-;)
トランプを「アメリカ版鳩山」実は無能で行き当たりバッタリのルーピーw だと揶揄する評判は、「大統領選の予選」の時からありましたが……先日のG7(G5vsアメリカ、日本が調停役)の時の話といい、あるいはイラクとの合意を『オバマ時代に結ばれた合意だから気に喰わん』という理由で反故にしようとしているという事案といい。
そのコト(トランプは「アメリカ版鳩山」)を思い出していたんですが……あながち間違いじゃないのかもナー(棒
その人物評価は?
なんにしてもたまったもんじゃありませんねぇ( ̄_ ̄ i)
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事