Entries

狂躁亭日乘・迫る中国発危機、何処も風雲急

おととひの世界 2018-06-15 10:34

公式ハッシュタグランキング:#スイス1位
金正恩てな
スイスで育ってるわけで
おそらくスイスの銀行筋は
その情報網に入ってるはずだよね

このたびこういうことになったのは
おそらく『そういうこと』も
あったんじゃないかと

特に三代目になってから
中国とは悪いどころか
もはや没交渉同然だった
そうは言っても

北朝鮮にとってみれば
自国が滅ぼされそうになっている時に
援軍を差し向けてくれた
唯一の国が中国だ

義勇軍という名目で
人民解放軍が米軍と戦ったんだからね
しかしそれも中国の尻に火がついたら
できなくなるかもしれない
そうなれば

もし自分たちに
危急存亡の危機が差し迫った時
援軍を差し向けてくれる可能性がある国は
1つも無くなってしまう

また中国としても
片付けられるなら
自分たちに余力があるうちにと
考えているに違いない

金正恩サイドにも
そういう判断あったんじゃないだろうか?
いつでもスイスから情報が取れるなら
そう考えたって不思議じゃない

それくらい現在 中国はワルい
ヨーロッパも悪いがそれ以上に
中国は差し迫っている可能性がある

中国は習近平になってから
株式売買にいろいろ制限がついて

勝手に全部売り払う
とかができなくなってしまっている
これでは資産として意味がない

しかし証拠金という形で
国営銀行に巨額のカネを
取られているんだからどうしょうもない

中国国内で営業するためには
それをしなければいけないんだ

だがそれはこっちが
返してくれと言っても
返してくれる可能性があまりない
おそらくすぐには返さないだろう

あろうことか中国
外国企業からそうやって
みかじめを取ったうえに

それを自分たちの
外貨準備に組み入れ
見せ金にしている
盗人猛々しいもいいところだけど
これが中国流だ

中国経済強い強い

そういうヤツは多いけど
中国で本当に外貨を稼いできているのは
中国国内に入ってきた外資系企業

それが中国の外貨獲得の半分以上だ
就業人口でいうと数千万人

しかし労働人口の残り数億人は
国営企業に勤めている
その国営企業のほとんどは
海外で競争力がない

ただたくさん作るだけしか能はない
習近平はもともと
改革派といっても

太子党だ
つまり中国共産党幹部の2代目3代目だ
国営企業はそういう連中のものだ

何のことはない
既得権益者側の人間

しかしこれだけ
かつての共産主義統制経済に
戻したようなことやっていても

マーケットだますことは難しい
むかし保八と言っていた

つまりGDP成長率8%の意味だけど
もはやそれはできない
そこで現在名目6%

しかし2022年から25年にかけて
4%も成長できないだろうと
これが大方の見通しだ

習近平にとって最悪のシナリオは
外資が逃げ出すことだ
もともと国営企業グループは
技術もなく生産性も低く

潜在失業者をかかえこむ
ためだけにある会社みたいなもの
しかし最近それがイヨイヨ
破綻を始めている

巨大国営企業だからね
破綻した時の負債額も巨大ですよ
『負債総額36兆円』だって

『安邦保険集団』
先月か今月にもう国有化されている
習近平としても
放っておけなかったんだろう

総資産34兆だから2兆円の債務超過
すでに創業者は中国当局が拘束
さらに中国当局は銀行に対し
この企業集団の金融商品を取り扱うこと
すでに禁止している

問題はこれだけじゃないこと
『海航集団』負債11兆円ですでに国有化
本業は航空会社だけど
ホテルの買収を海外で積極的に

あの Hilton 確かここが買収してたよ
それが現在破綻してるわけ

これは海外買収で失敗していて
目だったから隠しようがなかった
しかしこんなもので済むはずがないと
誰もが考えている

国内不動産投機を
あれだけ煽っていたのは北京政府だった
今それが前年同月比で見たって
4%から10%下落している

ちょうど90年
バブル崩壊後の日本で起きた事が
ド派手に起きているわけだ
しかもこの投資の主体になったのは
地方政府系企業だ

座布団の下にどれだけの
借金があるのか?
想像もつかない
これは北京政府も把握してはいない

おそらく中国でも
全体像を把握している人間は
一人もいないんじゃないか?
さっきの2大企業だけで
50兆円近くあるわけだよ

放置しても先延ばしができるかどうか?
というだけで回復する見込みはゼロ
遅かれ早かれ破綻するわけだ

中国国内金融機関同士の融通金利
インターバンク市場金利が

この1年半余りで三度急騰している
10%を超えている

日本で97年10月に三洋証券が破綻し
一ヶ月あまりの間に
インターバンク金利が暴騰

その間に山一証券と
日本債券信用銀行が破綻した
おそらくそれに近いことが今現在
中国で起きていると考えられる

確かに中国は
製造業で頑張ってはいたよ
しかし中国の GDP

90年代以来の
成長の6割が不動産なんだ
製造業景気もその上に成り立っている

これが今後縮み志向になるとすると

先に同じようなことになった日本
現在の名目国債債務1200兆円

中国政府だって
どう頑張ったところで
全国赤字企業の全面的肩代わりはできない

おそらく中国の
官民総ての負債総額

3600兆円以下には
なるまいと考えられている

中国にはもう1つ
重大な懸念材料がある
中国最大の方面軍・瀋陽軍区
要するに旧満州地域軍

おそらく北朝鮮の秘密核開発の
サポーターだったと考えられている
中国史は『方面軍反乱』の歴史

瀋陽軍は中ソ対立の時
旧ソ連と戦った中国最強の軍隊
旧満州は彼らによって支配されている

彼らは単なる軍隊ではない
たくさんの企業を傘下に収め
おそらく麻薬ビジネスの上がりでも
大いに潤っているはず

そしてこれには北朝鮮も
関わってきていたはずだ
彼らには常に最新装備が与えられてきたが
唯一『核装備』だけがなかった

北朝鮮が独力で
核開発なんかできるはずがない
誰かサポーターがいた

おそらくその最大のサポーターが
満州で北朝鮮と国境を接する
中国人民解放軍・瀋陽軍だ

中国がアメリカに同調し
北朝鮮に対話を促したのは
北朝鮮の核が瀋陽軍にわたることを
中国政府も恐れたからだ

反乱が起きた時
満州瀋陽軍が北京に反乱を起こし
中国内戦で核が使用される
同時に核拡散が起こる

アメリカにとっても
中国にとっても最悪の事態だ
とりあえずアメリカ中国の協力で
その事態は避けられた

習近平は昨年
7つの軍管区を5つに再編した
そして最大の軍管区・満州の瀋陽軍
広東省のグループと一緒にした

満州にいる連中が日中戦争以来
広東に疎開したものが多く
そのつながりがあるからだという
しかしそればかりじゃないらしいんだ

現在の事態
2010年代半ばから地球は寒冷化する
ということアメリカ国防総省
早くからレポートにしていたね

映画デイアフタートゥモロー
それを映像具現化したものだ
その通りになってきているよ
満州開拓を本格的にやったのは
旧日本軍だった
20世紀初めから
そして現在に至るまでの100年間の
満州開拓は例外的に温暖な時代だった
ペンタゴンレポートによれば
それはまもなく終わる

満州と広東の軍管区統合
突拍子もないことのように見えるが実は
それをにらんでのことだという
満州の地はなかなか
人間が住むことが難しくなる

中国が南シナ海と南沙諸島支配に
異様に躍起になるのはそのせいだと言うんだ
ともかく大量空輸にらんで
2000メーター以上の滑走路付き
飛行場を大量に

その先はボルネオなど
インドネシアの島

場合によっては人海戦術で
占領も辞さない
そのつもりなんだ
満州が住めなくなったら
そちらに移住させようという算段だ

彼らの最終目標は
単なるシーレーン確保ではない
この一線で譲らないのはそのためだという

彼らは沖縄など
日本にもやってくるかもしれない
しかし実のところ
インドネシアやフィリピン
マレーシアの方が楽だと考えてるんだ


目前に迫る経済破綻と
急激な地球寒冷化に伴う
居住環境の悪化

おそらく悪影響をもろに食らうのが

ヨーロッパと中国だと考えられる
もちろんロシアも

スウェーデンは実質
戒厳令を敷いてイスラム教徒を
追い出すことを決めたらしい

おそらく現在の
フランスとイタリアの言い争いも
そういう事態に発展するだろう

寒冷化に伴う民族大移動の時代
ローマ帝国滅亡少し前ぐらいの時代

今後地球はそれくらいの
超激動期に入る
中国とヨーロッパが最初に
ガタガタし始めたのはそのせいだ

その前には経済恐慌など
小さな問題なのかもしれない

そうそう
破綻した問題の国営企業
ドイツ銀行の大株主だったんだ

そのドイツ銀行
デリバティブ発行残高が
なんと7500兆円
7500億円じゃないよ7500兆円だからね


そのかなりの部分が
アメリカのシェールガスオイル
開発関連のロング商品

そしてもう1つが
中国の不動産
あの内陸に建てた巨大マンション

鬼の城と書いて
キジョウと読ませるヤツね
ジツに30億人分余ってるらしいよ

要するにドイツは中国絡みで
それだけの不良債権を掴んでるってこと
欲をかいたもんだよな
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事