FC2ブログ

Entries

中国当局、人民元の下落を事実上放置か  さらなる急落でパニック相場の恐れも

News U.S. 2018/08/08

中国人民銀行が人民元の下落を受けて追加策を発表していますが、具体的なものではなくむしろ下落を誘発させる内容となっています。人民元が上下に動くことを敢えて容認し、いくらでも市場を安定させる方法があると余裕を見せつけていますが、特に根拠はありません。これでは何もしていないのと同じですが、追加策はもう尽きてしまったのでしょうか。

中国中銀、人民元で「群集行動」避けるよう市中銀行に通達-関係者
2018年8月8日 3:27 JST

中国人民銀行(中央銀行)は6日、人民元を安定させるための追加的な策を講じた。事情に詳しい複数の関係者によれば、人民銀は一部の市中銀行に対し、為替市場での「群集行動」とモメンタムを追う動きを避けるよう促した。

同関係者によると、人民銀当局者が同日午前の会議で市中銀に対し、人民銀には市場安定化のための手段が豊富にあると説明。人民元の柔軟性を維持し、元相場が上下双方向に動くのを容認すると伝えた。

人民銀当局者はまた、人民元に対して高まる圧力を適宜解く必要が出てくるとし、市場の力に抵抗する措置を講じることはないとも述べた。公に話す権限がないとして同関係者が匿名で語った。同当局者は元相場が6月以降に下落したにもかかわらず、クロスボーダーの資本流出入は総じて均衡しており、中国のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)が元の安定を支えるとの認識も示した。

米中通商摩擦の激化と中国の景気減速が重なり、本土市場で取引される人民元は過去3カ月で6%余り下げた。今回の会議について人民銀に営業時間外にコメントを要請したが、返答はなかった。

会議に出席した複数の市中銀担当者が示唆したところによると、人民銀は元に関する市場の期待を誘導するため「反循環的要素」を使う可能性がある。同要素は元の中心レート算出に関して、変動を抑制するために昨年導入されたが、ここ数カ月は使われていなかった。

市場関係者の間では、反循環的要素の活用が元安定に向けた次のステップとの見方があった。会議に出席した14行は毎営業日、人民銀に元のレートを提示している。

スタンダードチャータードのアジア外為ストラテジスト、張敬勤氏(香港在勤)は「今回の動きは人民銀がこれまでに講じてきた措置と整合的だ。元の下落ペースを緩め、投資家の見込みが元安方向に一方的に傾くのを阻止し、パニックのような状態を避ける予防的な取り組みだと考えられる」と述べた。

中国中銀の発言が過去になく弱気?

人民元のチャート、全然上がる気配がないですね・・・。

ああ。中国人民銀行砲は存在しなかった。

中国の中央銀行の発言としては過去になく弱気ですね。何としてでも相場の下落を食い止めると発言すれば、売り筋も介入を警戒するでしょう。口先介入すら行なわなかったわけですが、本当に策が尽きているのを悟られないようにするためと判断されても仕方ありませんね。

群集行動を避けるようにって、もうサジ投げてるのと一緒だよね?

取り付け騒ぎの一歩手前じゃのう。冷静さを失った人民は何をしでかすか分からんぞ。

ネットでもそう反応してる人が多いです!こんなことを言ったら、ますますドルに変える人が増えるだろうって。

中国のことだから、明日預金封鎖しても不思議じゃない気がする。事前通達は100%ないだろうね。

中国人富裕層が日本で貴金属や不動産を買い漁るのでしょうか?

数年前からそういう動きはあったけど、最近は落ち着いてるはず。日本の不動産も今は儲からないと分かったからかな?

中国人のキャピタルフライトがいよいよ始まる?

世界的に見ても、中国人が不動産を買い漁ったために価格が高騰している例は枚挙に暇がありません。香港やシンガポールは言わずもがな、豪州やカナダでも不動産価格は高止まりを続けています。北京でも既に都心部は月の家賃が年収を超えているとも言われていますし、日本人の駐在員ですらも給料の大半が家賃に消える人もいるとか。現地住民は安い相場の地域から通勤できるので、日本人が騙されているのかもしれませんが。

まあ北京に関しては自業自得だろうし別にいいけど、世界中で不動産価格が上がってるのは厄介だよな。中国が人民元を刷り過ぎたせいで、庶民には手が届かない価格になってる地域が沢山ある。

中国からお金が逃げ出しているということでしょうか・・・?

そうだね。キャピタルフライトが何年も前から起きている。このまま中国当局が人民元下落を容認するようなら、その動きはさらに早まるかもしれない。

中国政府も次々と規制策を発表していますね。2017年には不動産などの直接投資が規制された影響で、前年比で投資額が10%近くも下落しています。クレジットカードなどの海外使用に関しても上限を設けたそうです。中国でキャッシュレスが進んでいることの弊害と言えそうですね。

中国は人民元流出防止のために厳しい規制を敷いている?

人民元って、他の国で交換できるんでしょうか?

あまり一般的ではないよね。偽札が相当紛れているから、受け付けてもらえないんじゃない?

中国当局は人民元の流出を防ぐために厳しい規制を敷いています。人民元は2万元までしか国外に持ち出すことができません。現在のレートですと日本円で約32万円ですので、まとまった資産はほぼ持ち出せないことになります。両替のレートも悪く、往復だけで当たり前のように手数料が20%も取られるそうですね。

日本の場合は申告すれば何億円でも持ち出せるんだっけ?

そのようですね。中国のように禁止しているわけではなく、税関へ申告すれば規制されることはないようです。これは米国の場合でも同じで、持ち出しや持ち込みで1万ドルを超えた場合は申告が必要になります。

中国って、海外送金はできないんでしょうか?

人民元を直接送金することはできないそうです。一旦米ドルなど外貨に換えてから送金する必要があります。外貨を送金する場合にも、納税証明などの書類を用意しなければ銀行で受け付けてもらえないようですね。要するに、今すぐ送金したいと思ってもすぐには送金できないということです。

思った通り厳しいな…。これは取り付け騒ぎが起きたらえらいことになるぞ。

さらに中国人に関しては、人民元を米ドルなど外貨に両替する上限額まで決められているそうです。年間5万ドルまでとなり、身分証番号で厳密に管理されているとか。

つまり5万ドルしか両替できないってこと?財産を全部人民元で持ってたら一巻の終わりじゃん。

仮に50万ドル分の人民元を持っていたとしたら、持ち出すのに10年かかる計算になりますね。そうしている間にもどんどん人民元が下落していけば、事実上資産が消滅するのを指をくわえて眺めているだけとなります。

中国ヤバいな…。現地邦人は早めに人民元から両替しとけよ。

水面下ではさらに危険な状況が進行中?

中国当局としては、人民元をどうしたいんでしょう?

発言を額面通りに捉えるならば、人民元を安く誘導しようとしてるとしか思えません。当然為替操作として非難の的になりますし、トランプ大統領も黙ってはいないでしょう。実際にはもう人民元安に対し打つ手がなくなってきたというのが本音ではないでしょうか。中国政府が地方政府の債権を保証しないと通達したそうですし、今後さらに混迷が深まると見ていいでしょう。

債権を保証しない?それってデフォルト一歩手前なんじゃ…?

水面下でいろいろと進んでそうですよね・・・。

結局のところ、共産主義でもってしても経済は統制できないということでしょう。中国は共産主義国でありながら自由主義的な金融で発展してきましたので、それが逆回転するとなれば没落も覚悟せねばならないでしょう。かつてはソ連も同じように経済を統制しようとして解体されることになりました。

習近平の周辺もガタガタみたいだからな…。貿易戦争なんて本当やるべきじゃなかった。

「終近平」と書いてる人がいました!

中国人かなwww でもこういう所から大衆の混乱は始まっていくんだよね。

「借金ペイ」と書いてる人もいます!

ちょっとおもしろいwww 状況としてはマジで笑えないけどね。

リーマンショック以来の大相場となる可能性も否定できませんね。あれからちょうど10年ですので、経済のサイクルとしても今年は非常に危険な1年です。この8月から秋にかけてが最も重大な局面になるでしょう。

在韓だけじゃなくて在中の邦人も、すぐ逃げられる準備だけはしておけよ!
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事