FC2ブログ

Entries

中国などの身勝手はどこまで通じるのか?w

推摩 一黙のブログ 2019年04月16日 14時33分21秒

前回の記事へのコメントで、
――…――…――…――…――…――…――…――

まさに他の国は何らかのリスクなりルールの中で、競争しているのに中国はそれを完全に無視しているのですからまさにアンフェアなのです。各国ともその認識が共通化されれば良いのですが、先に述べたように、自分達だけが良ければと考えていたらやがて本当に中国に世界が支配されてしまうのではと危惧しています。

fujisafujisa-04 2019-04-14 07:13:27

――…――…――…――…――…――…――…――

と、いただきましたが――まさにそーいう点が中国などの『反則上等w 国家』の怖いところなんですよねぇ。
しかし……

●「輪廻転生は中国の法規制に従って行え」と中国が公式に通達 露骨に信教に干渉してきた!?

ダライ・ラマの「輪廻転生」、中国の法律順守を 中国外務省
2019.04.12 Fri posted at 11:10 JST

(CNN) チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの後継者を選ぶ「輪廻(りんね)転生」について、中国政府がこのほど「中国の法律に従う必要がある」との認識を示した。

中国外務省の報道官は10日、肺の感染症のため入院したダライ・ラマ14世(83)について質問され、容体については認識していないとした上で、輪廻転生には「明白なルール」があると強調した。

報道官は、「ダライ・ラマを含めて生けるブッダの輪廻転生は、中国の法規制に準拠し、宗教儀式と歴史的慣例に従わなければならない」と述べ、中国政府は国民全ての宗教の自由を尊重すると言い添えた。

ダライ・ラマは9日から入院しているが、側近は11日、ダライ・ラマが間もなく退院できる見通しだと語り、「医師に言われた通り胸の感染症があったが、抗生剤を投与され、かなり回復した」と説明した。

それでも今回の入院で、ダライ・ラマの死後、チベット仏教がどうなるのかという疑問が改めて浮上している。ダライ・ラマ本人が自身の死後の輪廻転生を認める意向なのかどうかもはっきりせず、ここ数年は、自身が最後のダライ・ラマになる可能性をうかがわせる発言をしていた。

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマの後継を選ぶ制度について中国政府がコメント/MARIJAN MURAT/DPA/AFP/Getty Images

こーいうことをして来たりw

●雇用不足に苦しむ中国が現代版下放を公式に計画して世界が騒然 順調に経済が傾いている

1千万人の若者よ、農村へ 中国共産党の派遣計画が物議

中国共産党の青年組織、共産主義青年団(共青団)が、2022年までに1千万人以上の若者を農村に派遣する計画を発表し、議論を呼んでいる。習近平(シーチンピン)指導部が進める農村の脱貧困や都市部との格差是正に役立てる狙いだが、毛沢東時代の苦難を思い出す人が多いようだ。

 共青団が3月下旬に全国に通知した文書によると、農村の現代化を目指す習指導部の政策を実践するため、リーダーとなる青年を育てることが目的だ。

 具体的には、農民の思想やマナーの向上を目的とするプログラムに10万人以上▽貧困地区などに文化や科学、衛生などの知識を普及させる夏休みの学生プログラムに1千万人以上▽農村での起業プログラムに10万人▽農村の共青団幹部となる人材に1万人以上――などの目標を立てた。

 だが、中国では1966年から76年の文化大革命で多くの若者が農村に送り込まれ、厳しい労働をさせられた歴史がある。

 その一人だった習氏は当時の経験が政治を志す土台になったと公言しているが、ネット上では「文化大革命の再来だ」との批判や「都市で仕事が見つからない学生の就職対策では」などの声が出ている。

こーいうコトをせざるをえない現実をみるだにその内実は相当に苦しい……と、いうか張り子の虎なのでないでしょうか?(棒

なんといいますか、最先端技術のスパイ、剽窃、あるいは欧米日からの民間がカネ目当てで売り渡しても、それは『一時のモノ』でしかなく一時は良くてもその後の技術の発展や開発といったコトを自力ではできませんからいずれ行き詰まるでしょう!
実際に技術流出に神経を尖らせるようになってから、非西欧諸国の国々は中国も韓国もロシアも露骨に産業の発展が行き詰まってます。

その他、欧米に日本は技術面での優位だけでなく、資本面――国の経済の発展に必要な資本投資面で主導権を握っています。
中国はAIIBや一帯一路でその資本面での優位も握りたかったんでしょうが、欧州は騙くらかせても日米にソッポを向かれては意味がありません。

今後も油断ならず、日米は苦労するでしょうが中国などの非西欧国を、その勝手を許さず統御もしくは没落させるのは充分に可能でしょう!
無論、政界だけでなく経済界も危機感を持たねば難しいでしょうが、人の輪廻転生、死生観にまで口を出す中国などの独裁体制をそのまま放置になどできませんから収まるところに収まるんじゃないでしょうか?


皆さまはどうも思われます?
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事