FC2ブログ

Entries

中国人民元も暴落中!? 1ドル=7元の大台を割り込む寸前?どうなるの?

NewsU.S. 2019/05/19

今日はボクがやります。中国の人民元がドンドン暴落してて、1ドル=7元の大台を割り込みそうです!去年の年末辺りは危なかったんですけど、一旦は落ち着いていました。それがまた危険な状況になっているんです・・・。中国経済はどうなってしまうんでしょうか?


中国人民元に試練再び 1米ドル=7.0人民元を試す展開か
5/18(土) 18:00配信 幻冬舎ゴールドオンライン

 5月5日トランプ米大統領は、中国との通商協議の進展が遅すぎるとして10日から中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する関税率を25%へ引き上げることを発表し、実際に10日に実行に移した。それ以来、中国株・人民元とも下落圧力の中にある。 Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence BankのCIO長谷川建一氏が解説する。
中国経済にとって厳しい重しになるとの見方が強まる

 中国・CSI300インデックスは、米中協議が無難に決着するとの楽観的な見方や、中国政府の財政出動による景気底入れの可能性も織り込み始めていたため、4月19日に高値4120ポイントをつけていたが5月9日には3599ポイントと13%程度下げ、17日は3648ポイントの水準にある。人民元は、5月6日には対米ドルで6.76人民元台だったが、5月17日には6.91人民元台へと、2%超下落した。

 いずれも、市場では、既に追加された関税措置に加えて、3300億ドル余りに及ぶ中国からの輸出品にも25%の関税を賦課すると準備に入ったことが、中国経済にとって厳しい重しになるとの見方が強まっていることが下落圧力になっている。3300億ドルに及ぶ中国製品に課税するということは、米国が中国から輸入している輸出品目すべてに課税することを意味する。これまで関税の対象になっている製品は消費財関連は除外されていたが、すべてあまねく課税対象となることで、経済への影響は非常に大きくなると受け止められている。

 昨年も、米中関係が緊迫化したり、中国経済の先行きが危ぶまれたり、関税合戦がエスカレートしたりすると下落圧力を受けた。昨年10月29日には、1米ドル=6.9575人民元まで下落した局面があったし、中国株も当時は、3070ポイント水準にあった。その後、昨年12月1日の米中首脳会談で追加関税の引き上げ先送りが決まった際は上昇に転じ、今年1月の相場急落はあったが、4月にかけては、米中通商協議の合意が近いとの報道を意識し堅調に推移してきた。 中国株・人民元とも、中国経済の成長を左右する通商協議次第ということは否定できない。

(以下略)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190518-00021365-gonline-bus_all

アメリカにとって計算通りの動き?

人民元の話題?そういやすっかりチャートとか見るのを忘れてた。

株価ばかりに気を取られていたんですけど、人民元も大変なことになってますよね・・・。

ヤバいことになってるな!5月初頭辺りまで1ドル=6.7元だったのが一気に6.92元まで進行してる。トランプ関税が発表されてから急激にキャピタルフライトが起きてる印象だ

去年の年末も、一度1ドル=7元近くまで行きましたよね!その後少し落ち着いて、しばらく安定してたと思うんですけど・・・。

この1カ月弱で急激な人民元安になってるわけだ。それで最初のような記事が出てきたと。幻冬舎オンラインなんて普段絶対使わない報道ソースだよな。

幻冬舎さんは、最近ちょっと内部でイザコザがあるみたいで・・・。ツイッターでも話題になってたんですけど、こういう記事を書いてくれるなら応援したいです!

へー。またツイッターネタか。幻冬舎って社長が確か有名人だよね?あと俺は村上龍の作品で何度か目にしたことがある。

社名で画像検索するだけで、顔写真が出てくるくらい有名ですよね・・・。

まあ国内の話なのでこれくらいにしておくか。CSI3000インデックスという指標は初めて聞いたな。Googleで検索してもチャートらしきものは出てこない。

上海総合指数の方が、よく聞く気がします。ただ、人民元のレートについてはその通りですよね?

その理由としてトランプが相次ぎ第3弾と第4弾の追加関税を発動させることにしたというのは妥当だね。米中通商協議が合意に向かうかのような報道で一時的に緩和していたのも計算ずくだったと。

そうなんですか?

株や為替は上下運動が基本だからな。楽観的な材料をわざと流しておいて株価や人民元を吊り上げて、やっぱり決裂となった場合のダメージを大きくする作用があるんだよ。意図的にやっていたとしたら完全に米国の策略通りということになる。

人民元安で追加関税を相殺?大丈夫なの?

記事の続きなんですけど、中国は人民元をわざと安くしてるみたいです!関税によって中国製品が値上がりしてしまうのを、人民元安で相殺するとか。ホントでしょうか?


関税合戦の次のカードは為替操作か?

 人民元相場にとっては、政治的な要素を見込まざるを得ない。それは、1米ドル=7.0人民元という水準が、過去に、中国政府が為替介入や金融政策手段を通じて死守してきた水準だからである。昨年10月も、そうであったが、1ドル=7元を超える元安を中国政府が阻止するかどうかに注目が集まる。

 今回の関税引き上げで、中国製品の価格は関税分上乗せされ上昇することになるが、通貨安(人民元安)になれば、人民元の下落分だけ米ドル建ての価格は安くなり、関税引き上げ分を相殺することになる。中国の対米輸入量は輸出量には遠く及ばないため、関税合戦に挑んでも米国に与える影響は大きくない。従って、関税合戦以外の手段に出るならば、通貨安誘導で米国の関税カードの効果を減殺するという行動に出るとの見解がある。

 確かに、人民元安は、関税引き上げの影響を一部相殺できる手段であるが、人民元の信頼感には長期にわたって悪影響が及ぶことになるだろう。他国が人民元を保有するインセンティブを失わせる人民元の価値の下落を、中国政府が容認すれば、人民元保有に対するリスク認識が広がり、資本流失にもつながる怖れが出てくる。

 資本流出は、中国経済の安定が損なうことになる。加えて、中国政府にとって、人民元の国際化は長年掲げてきた重要な政策目標であり、一帯一路構想も、中国をあげての国家プロジェクトとなっている。人民元を保有することに疑義が生じれば、多額の資本を必要とする一帯一路構想にも長期的なダメージを与えかねない。
(以下略)

中国がどのような思惑でいるかは分かりませんが、このような人民元安誘導を意図的に行なっていることが明らかになれば為替操作と認定される可能性が高まります。トランプ氏は中国の通貨安政策も批判しており、中国が大規模な金融緩和に舵を切る場合にはFederal Reserve Boardにも利下げを働きかけるかもしれません

先に言われた。

それって、トランプ大統領が命令することなんですか?FRBが利下げをするだろうって、予測してるだけだと思ってたんですけど・・・。

時事通信は明確に“要求”と書いてるよ。


中国の金融緩和に「対抗」を=FRBに利下げ要求-トランプ米大統領
5/14(火) 23:44配信 時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は14日、米中貿易摩擦を念頭に、中国が金融緩和を講じた場合に米連邦準備制度理事会(FRB)が対抗策を取れば、「(中国は)ゲームオーバーだ。われわれは勝つ!」とツイッターに投稿した。

 FRBが金融政策で米景気を下支えすれば、中国が貿易協議で譲歩するとして、改めてFRBに利下げを求めた。

 トランプ氏は、米国の制裁関税で打撃を受ける中国が「いつものように資金を供給し、恐らく利下げをするだろう」と指摘。FRBが中国の緩和策に対抗して利下げし、米経済の優位性が維持できれば「(苦境に陥った)中国は合意を望むようになる!」と持論を展開した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000142-jij-n_ame

私はトランプ氏がFederal Reserve Boardに利下げを働きかけるだろうとは言いましたが、要求するとまでは言っていません。Federal Reserve Boardが独立性を損なっているとの批判を受けないようにするためです。もっとも、今後そのような批判を受けてでも”要求”をする時期が来ない保証はありませんが

あれ?じゃあ、ボクの読み違いでしたね・・・。

まあそこは時事通信だから。やんわり促す程度の話を”要求”って書いてしまうようでは批判されても仕方ないよね。

けしからん話じゃのう。トランプ氏の意向を誤解してはならんぞ

時事通信は米国政治に関する知識が圧倒的に不足しているものと考えられます。報道機関として信用に足るかどうかの解釈は今後は皆さんにお任せします。

だが俺は是々非々だとも思うね。例えばこの記事なんかは時事通信独自の報道で事実だけを書いてるので採用しても問題にはならないと思った。


中国株、4年ぶり大幅資金流出=国際金融協会
5/18(土) 9:28配信 時事通信

 【ワシントン時事】世界の大手金融機関で組織する国際金融協会(IIF)は17日、中国株式市場からの資金流出が同日までの1週間で27億6000万ドル(約3040億円)に上り、約4年ぶりの高水準に達したと発表した。

 米中貿易協議の物別れで緊張が高まり、投資資金の引き揚げが加速した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000028-jij-int

中国で、キャピタルフライトが起きてるんですね・・・。人民元も株も下がってますからね

韓国と一緒だよ。世界中の投資家が中国と韓国から一斉に資金を引き揚げてると解釈される。米中貿易戦争で最も影響を受けるのが韓国だからな

韓国の話題は、ダメです!

いやいや中国の報道に関連する形でならOKだろ?そういう解釈だけど。

米中貿易戦争の一環として言及するならば問題にはなりません。ただ、その場合にもなるべく中立な報道機関を選ぶべきかと思いますが。私が見る限り、中立性を満たす韓国の報道機関は朝鮮日報以外には存在しません。

ああ昨日は中央日報の記事ソースを出したのが気に入らなかったのか…ww

中国は1ドル=7元以上の人民元安は容認できない?

ネットユーザーは、中国が米国債を売ってて、イギリスが買ってるので何も意味がないと言ってます!幻冬舎さんの不祥事を突っ込んでる人もいました・・・。あとは強気で中国は関税の穴埋めができる、外貨準備があるので防衛は問題ない、と書いてる人が複数いました!これっていつもの人達ですよね?

幻冬舎の件はコメント欄で書かれるほど重大だったの?まったく把握してないんだけど。

ボクも詳しくは見てなくて・・・。

中国のコメント部隊にとって都合悪い記事だから、そういう関係ない話で茶化そうとしてるのかもね。つまり実情は相当苦しいとみた

あと、右横にこんな記事が出てきました。


トヨタ、米政権に不満…輸入車規制に反対声明
5/18(土) 11:40配信 読売新聞

 【ワシントン】トヨタ自動車の米国法人は17日、トランプ米大統領が検討している輸入自動車への規制に反対する声明を発表した。トランプ氏が、輸入車や輸入部品の増加を安全保障上の脅威と位置づけたことを念頭に、「我々の事業と従業員は米国経済に大きく貢献しており、安全保障上の脅威ではない」と主張した。

(以下略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00050172-yom-bus_all

うーむ、これは見なかったことにしよう

ええっ?

トランプ氏は自動車関税の判断を180日延期しましたが、なぜその後に反対する声明を出すのでしょうか。トヨタ社の目的は何でしょう。米国とは交渉できないということならば、トランプ氏の認識も一段と深刻なものになるかと思いますが。

あーあやっちまったよ…。

す、すみません!つい目に入ってしまったので、つい・・・。

これだから国内報道は見たくないんだよ。おかしな報道のオンパレードだからな。

私からはこちらの報道を最後に共有します。中国人民銀行は人民元安を容認しないとのことで、現在のRMBの水準を最低値として維持する覚悟のようです。


中国人民銀、1ドル=7元超える元安は容認せず=関係筋
5/17(金) 16:02配信 ロイター

 [上海/北京 17日 ロイター] – 複数の関係筋によると、中国人民銀行(中央銀行)は目先、1ドル=7元を超える元安は容認しない見通し。

 為替介入や金融政策手段を通じて1ドル=7元を超える元安を阻止するという。

 中銀の考え方に詳しい関係筋3人が明らかにした。

 ある関係筋はロイターに「現時点では、7元を超える元安を容認しないことは確実だと思う」と発言。

 「7元を超える元安は、関税引き上げの影響を一部相殺できるので、中国にとってメリットはあるが、人民元の信認に悪影響が及び、資金が流出する」と述べた。

 17日の上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで下落。米中貿易摩擦激化の兆しがみられる中、心理的に重要な1ドル=6.9元を下抜け、約5カ月ぶりの安値を付けた。[nL4N22T1LE]

 人民元は、米中貿易協議に対する懸念を背景に過去1カ月で3%値下がりしている。

 関係筋によると、元安は中国の輸出競争力向上につながるが、米国の関税引き上げの影響を相殺するには、大幅な元安が必要になる。大幅な元安を容認すれば、資本流出を招き、中国経済の安定が損なわれる恐れがあるという。

(以下略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000079-reut-bus_all

中国としては、悩ましい判断ですよね・・・。RMBって何ですか?

人民元表記には2通りあるね。CNY、つまり”China Yuan”とRMB、つまり”Renminbi”の2つだ。前者は英語読み、後者は中国読みということになる。俺らは英語表記を重視したいのでCNYの方を使う。

なぜ有能さんは「RMB」の方を・・・?

分かれよwww CNNと区別つかなくなっちゃうだろww

確かに!

中国が資金流出について後ろ向きな見方をしていることは材料になるかと思います。今後の米中通商協議でも米国側に交渉を有利に進めさせる可能性が高まります。中国には取れる選択肢が少なくなりつつあるということです。

まさに開戦前の大日本帝国だな…。ワトソン君、機会があったらハルノートについて勉強しようぜ。おそらく1年以内に対中版のハルノートが出てくると思うからな。

構いませんが、取り上げるのは7月以降にしてください。理由は想像にお任せします。私からは以上です。

了解。ワトソン君、これを機に太平洋戦争に至るまでの歴史についてざっと復習しておこう。オフレコで

わ、分かりました!
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事