Entries

中国は戦争で負けまくってる弱小国家だと分かるコピペをご覧くださいwww

NewsU.S. 2017.11.11

【拡散】中国は戦争で負けまくってる弱小国家だと分かるコピペをご覧くださいwww

・随分弱い竜ですな(´・ω・`)
★劣等民族支那人は自分自身を過剰評価する癖が昔からあり  「勝てるアル!」→大敗の繰り返し。

1)1840年阿片戦争 英国2万に支那軍20万が大敗(香港譲渡)
2)1856年アロー戦争 英仏軍2万に大敗(沿海州譲渡)
3)1894年日清戦争 日本軍13万に支那軍63万が大敗(朝鮮半島から撤退。遼東半島譲渡)
4)1937年日支事変 日本軍60万に支那軍数百万が大敗続き(北京上海南京等主要都市占領される)
5)1979年越支戦争 ベトナム軍10万に支那軍60万が大敗
・・・

・中国は有史以来、対外戦争に勝ったことがない。

モンゴル帝国VS中国
…モンゴル圧勝、ボロ負けした南宋は滅亡。
イギリスVS中国
…イギリス圧勝、中国人は今に至るまで植民地奴隷状態。
日本VS中国
…近代化まもない日本が圧勝、ボロ負けした清は滅亡。
ベトナムVS中国
…寡兵のベトナムゲリラが圧勝、60万人の人民解放軍が逃げ帰る。

常に負け続けてきたことの反動が 妄想と願望が混じった中華思想。  朝鮮人と中国人は似てるね。
・逆になんでこんなに負けまくったのか不思議だ
・ついでに言うと、こんなに負けまくったくせに未だに存在してることすら謎だ
・でかすぎるからだ  肥満体が体を支えるのがせいいっぱいで、戦えないのと同じ
支那は常に、国をもたせるので常に精一杯 人民解放軍も、人民を弾圧殺戮するの忙しくて国外に派兵する力は極めて限定的
(マジで韓国を笑えないファンタジー国家だな中国ww)
・中国はアヘン戦争に負けたにも関わらず、イギリス代表団との交渉を「イギリスが朝貢した」と記録するトンデモ馬鹿な国
・ウソとごまかしでここまで生きてこられた民族
・明治時代に日本に留学して、中国の歴史勉強して、日本から西洋の概念を勉強した。  お茶もヨーロッパに伝えたのは、日本の長崎。  それが元で、アヘン戦争になるんだけど お茶の貿易赤字の代わりにアヘン売りつけて回収したからな
・随分弱い竜ですな(´・ω・`)
------
★劣等民族支那人は自分自身を過剰評価する癖が昔からあり
「勝てるアル!」→大敗の繰り返し。

1)1840年阿片戦争 英国2万に支那軍20万が大敗(香港譲渡)
2)1856年アロー戦争 英仏軍2万に大敗(沿海州譲渡)
3)1894年日清戦争 日本軍13万に支那軍63万が大敗(朝鮮半島から撤退。遼東半島譲渡)
4)1937年日支事変 日本軍60万に支那軍数百万が大敗続き(北京上海南京等主要都市占領される)
5)1979年越支戦争 ベトナム軍10万に支那軍60万が大敗

こうしてみると40年前後というのが1つのパターンになっている。
親の世代は日本や外国と戦って
こてんぱんにされてもそれが受け継がれず
何度も何度も同じ失敗を繰り返す。
これが劣等民族というものなのでしょう。
・中国は対外戦争に勝ったためしがない。  モンゴル、英国、日本、ベトナムなど、ケンカを売った相手に常に敗北し、中国人は負け犬根性が染みついてる。
・自分からキリスト教原理主義国家にレッドドラゴン宣言したんだから、もう御終いだろ  あいかわらずチャイナセブンとかって七つの頭を持つ赤い龍を演じてるんだから 最終戦争の悪魔がわに決定ですね
  • コメント : -
  • トラックバック : -

米中首脳会談、中国の完全敗北キタ━━━! 米国に28兆円を貢ぐと確約w 習近平はとんでもないアメポチだったw

NewsU.S. 2017.11.10

質疑の機会、設けられず…米中が協調の演出優先
2017年11月09日 22時30分

トランプ米大統領と中国の習近平シージンピン国家主席は9日、北京で首脳会談を行った後、共同記者会見に臨んだ。

トランプ氏は「完全に北朝鮮を非核化することで合意した。経済的な圧力を強め、北朝鮮が無謀な道を放棄するまで続ける」と述べ、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の完全履行に向け、習氏と意見が一致したとした。

一方、習氏は「中国と米国の関係を強化することは、世界の発展にも重要だ」と強調した。米中間の貿易不均衡を解消する一環として、2500億ドル(約28兆4200億円)以上の商談が成立したと明らかにした。

「習近平:米中間の貿易不均衡を解消する一環として、約28兆4200億円以上の商談が成立したと明らかに」

・一番トランプのご機嫌取りに必死になってたのは  中国だったんだねぇw

【米中首脳共同会見】北朝鮮の完全非核化で米中合意「経済的な圧力強める」 28兆円の商談成立も

・空母打撃群お買上げか?
・アメ車のEVをたくさん買う、ボーイングの旅客機をたくさん買うとか?
・アメ車はいらないだろな   アメリカで作ってる中国の車買うとか?
・原発もアメリカ製をたくさん購入するのかな
・まあ多分そこらへんが主だろな  特にEVは大気汚染問題で待ったなし状態だし  金額からして大量に電気使うから原発がセットでつくかも
・経済傀儡外交って毎度だろ    前回の航空機購入は確立したのか???
(パヨクの手の平くるっくるwww まさに踊るアホwww)
・さっそくシナ工作員がゴキブリのようにわいてきたな  そろそろチャイナも本格的に崩壊かな  トランプが巨額の経済攻撃を仕掛けたぞ
(28兆円貢いだ上に朝鮮の面倒も見させられる…中国マジ滅びるな)
・28兆円どころか   中国様が朝鮮半島潰す許しも与えてしまったよwwww
・それなんだよな
・朝鮮半島(28兆円)で中国さんがお買い上げ。   米国さん、更地にして売却
・管理変動相場制ってスゲェ打ち出の小槌だなw    しかし、年末に向けて 米が金利ちょこっと触ったら流動$不足に陥る。
ASEANは日本が面倒見れるけど中国もダメージは免れない。   下僕の韓国は死亡確定なのだけど悪足掻きしてヲン元スワップ発動しているから連鎖的に中国も恐慌へ
・これが中国の朝貢外交かぁwwwww
・明後日ぐらいにカリアゲが騒ぎ出します    トランプ離れた途端
  • コメント : -
  • トラックバック : -

少し皆様にお聞きしたいコトがあります

推摩 一黙のブログ 2017年11月08日 08時35分

いつもお世話になっております。
さて、今回は少し皆様に聞いてみたいことがあります。
まあ、唐突に思いついた疑問というか質問なんですが、よろしくお願いします。

で、その『皆様に聞いてみたいコト』とは、人類の未来についてです。
……あ~、あまりにも「漠然」として「大きすぎる」テーマかと思いますが、今、世界は『気候変動、異常気象』から『エネルギーや資源の争奪』に『水資源の限界』や『人間社会の活動による環境破壊』が深刻な近い未来に影を落とす脅威として今、私たちにヒタヒタと近づきつつあります。

こーいう言い方をするとなんですが、このまま今の大量消費型経済社会を続けますと、今の現代文明は二~三世紀ほどで限界といいますか維持するコトができず『アッサリと崩壊滅亡』するでしょう。

すでに今現在の「新資本主義!」だの「社会主義市場経済」だのといった世界を動かしている経済活動システムは綻びを見せ始めています!?

これは現在の世界における経済活動が、その基本が『ネズミ講』のような無限連鎖講(むげんれんさこう)で、全てが無限に増加するという前提においてのみ成り立つ形になっているからです!

・曰く「金銭の利殖利息は無尽に拡大を続け」
・曰く「地球上のエネルギーや鉱物資源は無尽に掘り出せる」もので
・曰く「自然環境は工業や生活活動でいくらでも環境負荷をかけ続けるコトができる」ものであり
・曰く「安い労働力であり消費者でもある人口は増え続け」同時に病や不慮の事故によるリスクが医療の技術の発達と普及により「人類全体の平均寿命が伸び続ける」

と、いういうような「今日より明日、あすより明後日は今よりもさらに良くなる、必ず拡大し続ける」というコトを前提にして回っています。

無論、そんなコトはアリエマセン(´_`。)
普通に歴史を振り返り、考えてもみて下さい。
19世紀……今からたかだか150年~200年ほど前に機械科学と化学分野で“爆発的な技術進歩と普及発展”が引き起るまで、この地球上の人類の人口は15億人ほどでしかありませんでした。
それがたかだか二百年かそこらで70億人を突破……五倍近い人口に膨れ上がりました!?
人類という種の歴史上、こうした「人口爆発」とでも呼ぶべき重要な契機は実はといいますと前にもありました。
それは今から1万年前から2000年前頃までの農業開始の時期であります。
この農業革命直前では、世界の人口は多くて1000万人程度と推定されており
しかも人口の年間増加率はほぼゼロ、ないし0.01%増。
まあ100年で0.1%増程度と推定されるような時代が長らく続きました。
これは「自然の中で、食物連鎖や固有種としての生まれながらの身体能力の範囲内」で狩猟採集生活を送り、

「人類もまたそこらに居る野生動物同様の“環境に左右される”動物」

であった時代だったからです。
しかし農耕の始まり、農業革命により「食料の生産と供給が安定」したどころか「余剰が生産できるようになり」農耕などの食料生産以外に従事する人間を養えるようになりました。
しかし、農耕が始まるようになっても一万年近くかけて世界中に人類が広がり各地に国家や文明を起こして発展しても十億~十五億が限界の時代が長く続きました。
しかしそれがこの百年か二百年かそこらで数十億人単位で急激に人口が増加し繁栄したのは何故でしょう?

その要因は簡単です。
70億を越えようと、いえ、このまま百億を超えてもあと数世紀は今の現代文明の繁栄を“維持”し続けるダケの食い扶持を――食料や生活活動に必要な条件を揃えるコトができるようになったからです。

そのいわば「第二の人口爆発」と呼ぶような人類繁栄のキッカケは、19世紀の産業革命の「内燃機関という人力や牛馬を超える動力」の発明と、「空気から肥料を作れる」化学の発見発展によるモノだったというべきでしょう。

この二つの革新によって、人類は

・自然の状態でただ田畑を耕し作物を育てるよりも、化学肥料の普及によってそれ以前の五倍以上の収穫が可能になった。
・内燃機関の発展普及によって鉄道や動力付き船舶で、馬車や帆船などで運んでいた時代とは比べ物にならない遠隔地からの大量輸送が可能になった。

のです!
この二つの革新により、地球上のどこに住んでいようとその気になれば大量の人口を養えるようになりました。
そして50億人を越え、70億人、さらには2055年には世界人口は100億人(!)を越えるだろうと予想されています。
で、これを裏返していえば「今の地球上の耕作地で百億人以上の人口を食わせれる」だけの食料生産能力を人類は有しているともいえるワケです( ̄¬ ̄*)

日本一国をとっても明治幕末の開国――欧米からの産業革命の新技術が伝達し、鎖国を解いて世界経済に組み込まれるまでは3500万人で元禄後期以来、百年以上人口の増加が停滞していたのに、今では日本列島四島に一億二千万人越える人口が生活を維持できています。
この3500万人の四倍以上という、一億二千万人が日々口にする食物は「ただ生存する為に食べる」だけでなく、さまざまな好みや選択が料理や食材においてできるという『豊かさ』でもあります。
その豊かな食材や穀物などの供給は主食のコメや鮮度が命の野菜や卵、魚貝類などは日本国内の生産地や港からも供給されていますが、それ以外に世界中から船舶や冷凍技術の発展によって集まって来ます。

しかし、も・し・も
「そうした化学肥料や大量輸送手段が失われたら」
あるいは「気候変動や人類の環境破壊で不毛な砂漠化が進んだり」
あるいは「大河や地下水などの水資源が枯渇」して
今は豊かな穀倉地帯が失われたら?
もしくは砂漠化とは逆に海面上昇による内陸までの海水の侵食が進み洪水と塩害で居住地と穀倉地帯がダメになったとしたら?

隣の中国なんかが人類の未来を「ある意味でよく映し出している」ような感じだったりするのは
・海への河口まで届く前に枯れる大河だったり
・中国では50を超える都市で地盤沈下が進んでおり、北京市では毎年11cm以上、上海市でも20cm、古都・西安市でも20cmを超えるといいます。その結果、地盤沈下の最大の原因は地下水の汲み上げ過ぎで、すでに地下水は枯渇状態にあるという話や
・ 中国政府の調査によると、中国の地下水の80%以上が深刻な汚染のために飲めない状態であるといいます。

ちなみに中国人民の7割が地下水を飲用水として利用しているもいいます。

こうした水資源の枯渇や汚染が野放図に野放しになっているだけでなく、経済発展が著しい中国では土地も公害や無計画な開発によって1998年から2003年までの間に穀物作付け面積が16%低下しています。
また土壌の劣化(肥沃さの喪失)も深刻です。
中国全土の耕作地の4割で「土壌劣化」――工業汚染、過剰な化学肥料などで、これら20世紀に増加した巨大な中国の人口を養うための放牧地、農地のいずれもが疲弊しています。

ちなみにそーした中国の痛めつけられた耕作地すら日本人にかかると

農地を貸したら5年放置! 「愚かな日本人」と嘲笑する中国人を、驚愕の結末が待っていた! =中国メディア
2016-07-07
 食品の安全に関する問題は、中国が今もなお抱えている重大なテーマである。6日付の広州日報によれば、広東省内の食品サンプル検査合格率が4年連続で95%を上回ったとのこと。数字だけ見れば立派だが、市民が求めているのは「中国の食べ物は安全だ」という実感だろう。

 中国メディア・網易は5日、「中国で農地を借りて5年放置した日本人を見て笑った中国人が、5年後に大きな衝撃を覚えた」とする記事を掲載した。

 記事は、日本の大手企業3社が共同出資して山東省莱西市に1ヘクタールの耕地を20年間の期間で借り受けたと紹介。

 しかし最初の5年間、耕地は放置されて野草が伸び放題の状態だったため、現地の農民は心を傷めるとともに「日本人が土地を借りたのは、地中に埋まっている宝物を探すためではないのか」などと疑り始めたとした。

 そして5年後に、日本人たちはようやく動き出したと説明。

 まず牛を飼い、その糞で土壌を改善させ、無農薬の農作物を栽培、それを乳牛に食べさせて、品質の高い牛乳を生産するようになったと伝えた。

 また、5年間耕地を放置した理由について関係者が「種を植える前にまず土を作る。土を作る前にまず人を作る」と語り、土壌の質を最重要視した結果、もとは肥沃ながらも化学肥料や農薬によって汚染されて痩せた土地を、5年かけて回復させたのだと説明したことを紹介している。

 記事はさらに、日本人が無農薬を貫きながら「天に任せる」形でトウモロコシや小麦、イチゴなどを栽培、生産量が思わしくなかったことから赤字を出し続け、現地農民の笑い種になったとした。

 しかし、それから5年後、ここの牛乳の価格が国内相場の1.5倍となり、イチゴも高値で取引されるようになったと説明。

 それまで笑っていた中国人が腰を抜かすほど驚く結果となったことを伝えた。

 そして最後に「農薬を使わずに5年間損を出し続ける」という話は「笑い種ではなく、警鐘なのだ」とし、環境保護型農業の開発が、食品安全問題に苛まれている中国において農家の増収と食品の安全確保を促すことになり、農業も農民も「最後には笑う」ことなるのだと提起した。

 目先の利益ばかりを急いでいては、いつかそのしっぺ返しが来る。

 逆に、将来のために損を承知で地道な下積みを重ねていけば、やがては損を出さなくなるだけではなく、大きな利益になって帰ってくるのだ。

 そこで大事になるのはやはり、「先のことを考える」ことと「じっくりガマンする」ことなのだ。

 何かにつけて「それっ」と群がる中国人には恐ろしさを感じることがあるが、もし「それっ」と群がらない忍耐力が備わったとなれば、それはまた別の意味で恐ろしいのである。

……最後の「中国人が忍耐力うんぬん」は、まずありえないでしょう ┐( ̄ヘ ̄)┌
水や土地だけでなく呼吸する空気すら『中国では深刻な大気汚染(PM2.5)の影響によって、1日約4千人が死亡している!?』なんてありさまなのですよ?
まあ、大気汚染問題は中国だけでなくインドや、なんと先進国であるフランスはパリですら負けず劣らず酷い有様なんだそーですが(´□`。)
日本も石原東京都知事の時代に「東京に乗り入れるトラックに排ガス規制」を断行して全国への波及効果でディーゼル車のトラックなどがその対策で除去装置などを付けるようになりました。
その結果、青空を取り戻した「東京の排ガス規制で大気汚染対策成功」に、それはパリでも可能か? 環境意識の違いがフランスで話題になりましたといいます。
さて、話を中国に戻しますと……さすがに「大気汚染は 貴賎関係なく」中国に住む中国人は共産党の偉いさんも貧しい農民や農民工も、その被害から逃れるコトができませんし、何よりも数分も呼吸をしないワケにはいきませんからねぇ?(-""-;)
「それなりに真剣に対策や規制を行って改善」させていますが……なかなか上手くいかないようです ┐( ̄ヘ ̄)┌
まあ、工場に『煤煙回収装置』が付いていても、当局の査察が入るような場合を除けば「電気代がもったいない」と止めていて平気だというのですから、なんとやら。(´д`lll)

……実は日本の煤煙除去装置には「排熱を利用して」発電や温水パイプと上手く利用して「使っていれば数年で“元が取れ”」環境にも効果があるんですがねぇ?
他にも工場で利用する工業用水も、その99%がリサイクルされ、工業廃水を垂れ流さないようにしている他、結果として“得をして”います。

日本も70年代までは公害問題が酷く、社会問題にもなりましたが、その後、政府の規制や監視だけでなく日本社会全体に公害や環境保全に関する意識が高まり、見直され、改善され、今では先にも書きましたが、工場廃棄物リサイクル率99%以上という成果を実現しています。
ちなみにこの『リサイクル率』とは、

リサイクル率=再資源化量÷(再資源化量+最終処分量)
で表される指標ですが、精密機械や半導体製品などの生産には綺麗な水が必要不可欠です。
その工業用水を確保する意味でも「長い目で見れば」浄化浄水設備に初期投資が必要ですが、結局はリサイクルして使えるので充分に元が取れるどころか得をします。
水資源豊かで台風などで定期的に降雨に恵まれた日本ですら、工業廃水のリサイクルで成功しています。
ましてや『河川や地下水が枯渇し』都市住人の生活用水と工場の工業用水、そして農業生産で「綺麗な水資源」を奪いあうような中国こそリサイクル装置を積極的に導入すべきっでしょう(´・ω・`)

だいたい70年代ごろの日本の失敗――公害に関する社会問題こそ「中国が日本を参考にして同じ失敗を犯さない」ために学ぶベキ事柄でしょう?
しかし先の「中国人に忍耐力が身に付くことは無い(棒」というのは、利にさといが、長期的な視点が実は苦手な民族というか国民性と、身内以外は他人への思いやりを持とうとしない、国や社会に対する公共心や責任んもないですからねー( ̄∇ ̄+)

ま~、目先の利益を、自分の取り分を可能な限り確保しようという「欲深さ」は、なにも中国などの新興国や発展途上国だけでなく、
「すでに持てる立場の」
欧米の政財界も同じようなモノですが゛(`ヘ´#)
オバマ時代は実は特に酷く、メキシコ湾で原油流出事故を引き起こした英BP社の事故時と事故後の原因と責任を調べ、事故の影響やその後の環境破壊の再生後始末まで監察指導しなくてはならない米国環境局がその仕事ができないようオバマ政権が実は「財界――ウォール街やロンドンのシティ等」の連中に“都合のイイ”動きばかりをしていました!

メキシコ湾の大規模な環境破壊とメキシコ湾沿岸周辺の住人の生活や健康被害など「後々まで継続調査」して問題を指摘し、罰するベキ責任の追及を行うコトこそが米国環境局が行うベキ行動でしょう。

しかし実際はその逆を行いました。
さて、皆さんは伝聞でもいいので『メキシコ湾原油流出事故のその後、後日談がどうなったか?』聞いた事はありますか?
私はメキシコ湾で採れる海産物への悪影響やイルカやクジラなどの大量死(!)などのニュースや裁判結果の賠償金以外では確認できたのは一つだけです!?

それは「BP社の代理人を名乗る怪しい男が、メキシコ湾周辺の住人や漁師に怪しい話を持ち掛け回っている」というモノで、NHKBSのワールドニュースで「たまたま米国のニュースが取り上げた」そのニュースを短く翻訳して流しているのを見ただけで、さらに「その後」の顛末についてそれ以来トンと聞きません(−_−#)

アメリカの政府の対応は、食品医薬品局(FDA)も環境保護庁(EPA)も海洋大気庁(NOAA)も、みな、湾で進行中の酷い状況についてはコメントを拒みました。

動くベキ米政府の各当局が上のように消極的ですから、英BP社も責任を認めることを拒んでおり、湾の海産物は「事故前と変わらず今も安全だ」と言っています
どの口開けてけてそんなコトがいえるのでしょうねぇ?┐( ̄ヘ ̄)┌

……要するにオバマ政権は「自国民の健康や利益」より、「英経済が破たんして第二次世界大恐慌の引き金となるコトを避ける」方を選んだのです。

実はBP社のその“責任追及”本当にしたら、英国経済は、いえ下手すれば世界経済がフッ飛びかねないのです。
なんせ事故を起こしたBP社というのは英国経済を支える重要な産業の一つだからです。
これは以前にも関連の記事で取り上げましたが、BP社の株式・債券からの配当が、実はイギリスの年金の運営益の14%を占めています。
ですから、もしBP社が倒産するようなコトになればはイギリスの年金制度は崩壊するでしょうな。
当時の欧州は経済危機が続いていましたから、「ある意味で仕方ない」ことだったかもしれません┐( ̄ヘ ̄)┌

……が、この「目先の経済利益優先、国土環境破壊無視」の財界有利の利益誘導、規制緩和は「メキシコ湾」だけでなくシェールガス開発もそうでした。

実際に、メキシコ湾の原油流出事故同様に、米国内で好況を謳歌するシェールガス・オイル掘削の事業において『環境問題』が、“何故か”アメリカでは大きな問題になっていません。
それどころか、こーした企業活動に伴って起こる公害や環境破壊を取り締まり調べるべき政府部局が、これまた『メキシコ湾原油流出事故』と同様に米政府の環境保護局がまったく動かない――どころか、民間の環境保護団体や、シェール採掘法による実害を受けている近隣住人からの告発や、資料(サンプル)を採っての調査依頼を「ワザと無視」したり、揉み消したりする事に加担して隠蔽に走っているのです┐( ̄ヘ ̄)┌


まあ、米政府の環境保護局がまったく動かないのも当然でしょうね――遥かに上が、オバマ政権が自ら、企業利益を、目先の景気や経済ばかりを重視して「そーいうモノとは逆の」環境問題や、致命的な水資源の破壊を見逃しているんですから( ̄∩ ̄#


……私は別に“環境保護家”でもなんでもアリマセン(棒

しかし、第三者として客観的に見て、どー見ても『今のシェール革命』に伴う環境汚染――特に『地下水脈資源の致命的な破壊』はやりすぎであり、放置し過ぎです!

こうした話を聞いてどう思いますか?
私は、「このまま資源やエネルギーを爆食いし、環境を破壊して省みない」今の世界の、現代文明の命脈は保って二~三世紀――この先二~三百年で自滅すると観ます。
資源やエネルギー資源を掘りつくして……という前に「増えすぎた人口と、それを支える水資源枯渇し、穀倉地帯が食料生産能力を失って」飢えと戦争の時代に向かうコトになるでしょう。
ああ、後、石油などのエネルギーが枯渇すれば、今の世界の大量生産大量輸送で世界中どこにでも対価さえ支払えれば必要なモノを調達できる幸せな時代は今一時の話でしょう。

――地球上にしがみつき、食い潰すだけならば。
この先の未来はとりあえず二つ。
今まで興り滅亡した多くの文明と同じく、衰退し、全盛期の豊かさや快適さ、多くの技術や知識、文化や記録は失い失われてゆき18世紀か19世紀頃の地産地消の範囲で生存して行ける人口になるまで飢えや戦争や疫病で減って行くのを見ているしかない未来。

そしてもう一方での未来は、SFじみてますがw 常温実用核融合を完成させるか? 安価な地上と宇宙を繋ぐ軌道エレベーターを実現化させ、宇宙にスペースコロニーなどの新天地へ進出できるようになるか?
常温核融合で今の人類からすれば「無尽のエネルギー」を得たなら現代文明の寿命は何十倍も伸びますでしょう
この先、数世紀ではなく十数世紀は時間が稼げます。
そして、ならばいずれ人類は「やはり宇宙に生存圏と資源を求めて侵出(進化)してゆく」でしょう。

そうでなく、軌道エレベーターにより宇宙に出れるようになれば、衛星軌道での大規模太陽発電衛星から地上に「マイクロ波」で無尽の電力を安価に得るコトができるようになります。
また、宇宙で小惑星などを宇宙鉱山として利用し、資源を利用できるようになり、それを利用してやはり宇宙コロニーを建造して生存圏を広げます。

ちなみに火星などをテラホーミングして移住するよりも、百万人から一千万人が居住可能規模のスペースコロニーで生存圏を確保し繁栄を目指す方が容易であり確実でしょう。
そして、そうした「人類が宇宙に生存圏を広げる」時代のコロニーはある意味で『日本的』な社会になるのでは? と考えます。

日本は世界の中で異様というか異質です――良い意味でですがw
四つの島を中心に海という自然国境で世界とは明確に隔てられています。
その中に上手くまとまり管理され、共存共栄できる社会を築いています。
しかしそんな日本のような数千万人以上規模の人口で繁栄した大国は他にありません。
銃犯罪を見ても低いですが、これは銃規制と共に、世界の他の国々と違って国境を越えて銃器を持ち込み密輸をするのが『しがたい』というのも大きいでしょう。

同じように宇宙でコロニーを作れば、そこの住人は警察保安関係者以外、「銃を所持する」必要性はありません。
また、コロニー内での生活はある意味緩やかな監視管理下にあることになります。
まあ、今の社会で普段は意識内監視カメラが何百何千と実はある意味監視しており、外出して道路や建物などの公共の場何時何分にどこにいたというコトが有る程度他者に把握されてしまう状態は「すでに始まっている」ともいえますしね。
その延長線上で「管理把握されている代わりに安全と安心を保証される」社会空間にコロニーはなるでしょう。
無論、犯罪や人の世の諍いは無くなりはしないでしょうが、今の世界における“日本”のように他所から来て「無条件に安心して」過ごせる共同体の社会を構築できると予想します。

ま~、スターウォーズの世界でなく、スタートレックの世界に近づくいってもいいかもですかね?w
どーいう事かといいますと、スタートレックの世界観は「未来、宇宙に進出した人類は技術の進歩によって“無尽に資源とエネルギーを得る”ことになりおカネや物欲的な欲望には意味が無くなる」そして「人の為や探求心の為に生きるようになる」という設定です。
いささか理想的すぎる(ユートピア)ですが、いわゆる地球圏で安定したポイントに安住する限りにおいてそーいう世界になって行くコトでしょう。

さて、しかし諍いやモノの所有、使用権使用量の分配決定で争奪や権力争いが無くなるわけではありません。
むしろ地球上に残った人類と宇宙に進出した人類。
あるいは火星などにテラホーミングで移民移住した者たちの場合はむしろ争いや摩擦が幅をきかせるでしょう。
理由は簡単「環境や状況が安定せず、管理不可能部分が出るから」です。
また、資源の分配で地位の差や格差も生じるでしょう。

まあ、人類が『賢明なら』増える人口は地球圏でコロニーで受け入れじっくりと時間を稼ぎ、その猶予を使って「宇宙で人類が生きていける(進化)」よう準備するでしょう。
結局、シムアースのラストのイメージかな?
生命が進化の末、知性と文明と科学技術を進化させた段階で、宇宙に新天地を求めるか? その惑星上で資源を食い潰し、環境を汚しまくって自滅するか?

そのドチラに進むのか?
あるいは他に第三の第四の選択肢があるのか?
その辺も含めて、もしよろしければ今回は意見を聞かせていただけないでしょうか?

……ちなみに『宗教』の要素は今回の予想の中にはあえて(その影響などについて)入れていませんw
色々とヤヤコシイというか複雑になるんで┐( ̄ヘ ̄)┌
その辺のツッコミとかでもOKですw
思考実験といいますか、想像の遊びのつもりで気軽によろしくおねがいします!
  • コメント : -
  • トラックバック : -

狂躁亭払暁通信・トランプ訪日のタイミング17立冬

おととひの世界 2017-11-07 07:31

テーマ:陰謀詭計

暦の上では今日から『冬』
早いもんだね
飛んでいくように時が過ぎる

トランプ訪日のタイミング
そして韓国と差をつけた
滞在時間と人員と日程
どう見てもこれ
占星術通りに動いてますよ

太陽蠍座
月が牡牛座で『満月』でしょ?

トランプは不動産屋さんだから
『時の運』というものがいかに大事か?
よくわかってる人

この星周りはディールには向いている
しかも大きなカネが
動けば動くほどいいんだ

ギャンブルのプロが
そういうことみんな言う
『ギャンブルの必勝法』は要するに

『勝てる日にしかやらない』ことだと

運はだいたい平等で
誰にでもあるんだけれども
生かせるやつ生かせないやつで大差がつく
競馬場で大きなレースがあると
みんな赤鉛筆と新聞握りしめて
大挙してくるけれども

ほとんど負けて帰っていく
オケラ街道一直線
プロギャンブラーそんなことはしない

この日なら勝てるという日
以外はやらないんだ
でかいレースだからとか
いそいそと出て行くようなことはない

星周りを見ていてわかること
それはトランプは

占星術通りに動いている
人間だということらしい
オバマとは逆だね

オバマはそういうものバカにしてた
だから中東で新しく戦争始めても
みんな負け続けてたんだよ
ウクライナでも同じだ
ただ人間正直で

尋常ではない星回りの時には
衝動的に動くと言うかね
どうしても自分の内なる声
みたいなものを聞いて
虫が騒ぎ出すんだ

『アラブの春』の頃がそうだった
あれはネオコンやらイスラエルやら
いろんなやつもちろん CIAも
みんなが準備していたこと

こういうことやってるやつだって

オバマという大将の星回りは見て
タイミング計ってるよ

61年8月3日だっけ?
公表されている誕生日が正しいかどうか
わからんけどな

もしそれが本当なら
周りの連中が計画していたギャンブルも
2011年から動かそうとしたはずだよ
東日本大震災がまさにその
ドンピシャのタイミングで起きたんだけど

太陽系最大の惑星・木星が牡羊座に移り
そして天王星がほぼ同時に牡羊座に移った
そのタイミングで

東日本大震災は起きている
原発事故もな

いそいそとオバマだって
お悔やみみたいなことを言うけれども
日本ってのはアメリカにとっての
潜在的なライバルだからね

オバマにとっては
ほぼ一生に3回体験できるはずの
最も強い運がつくとき

木星と天王星の後押しを
同時に受けるんだからね
それは『最強』ですよ

それを利用して
ウクライナ中東同時征服を
同時にやろうとしたんだろう

オバマが信じようと信じまいと
黒人で最初の大統領になった男だからな
まずありえなかったことを
やり遂げた人間だ
強運に決まってるわな
並大抵のものじゃないさ

しかもプーチンは10月7日生まれの天秤座
普通に考えればその時から7年間
超困難期に入るはずだった

事実欧米が一斉に
ロシア敵視政策を露骨に持ち出したのが
そのタイミングでしょ?

普通ならオバマが勝って
プーチンが負けるはずなんだけどな
でもそうならなかった
プーチンとオバマの器の差だ

こうした事態おそらく
プーチンはよくよく計算していたはずだ
それはちょうどスターリンが
二次大戦で最大の窮地に立った時と
ほぼ同じような形・パターン
だったからだ

ヒトラーは
1889年4月20日生まれのおうし座だ
しかも牡牛座ひとつの星座に7つ以上
太陽や月も含めてだけど
惑星が集中している

占星術を少しかじってみれば
わかることだけど
これは途方もない強運だ

ロコモティブ型と言ってね
蒸気機関車の動輪みたいに見える星図
太陽中心に一つの座に集中している

どういうことかというと
例えば木星や天王星
とてつもないラックをもたらす
可能性がある大惑星がやってきた時に

『一斉に強運になる』ということだ
凡人の何倍もだ
逆運もあるわけだよね

逆になった時には身の破滅に
普通はなってしまうんだけど
ヒトラーはそれも乗り越えている

占星術の使い方を知ったヒトラーは
それを見ておそらく
『自分は超人だ』と
思い込んだんだろう

天王星が牡牛座に動いた
ヒトラーは自分の時代が来たと思った
全権委任法で独裁者になり
他国を侵略して世界を征服しようとした
しかしその強運も

42年6月の初めで終わっているんだ
それ以後ナチスドイツに
勝機が回ることはなかった

昭和天皇は1901年4月29日生まれ
ヒトラーと性格は全く違うけれども
同じ牡牛座生まれなんだよ

1942年6月初め
昭和17年の6月初めだけど何があったっけ?
『連合艦隊のミッドウェー海戦大敗』
それ以後日本に
勝機が回ることはなかった

どんな戦争でもすべからく
大将にその勝機があるうちに
全部決めておかなければダメなんだよ

山本五十六は日米開戦後の見通しを
総理だった頃の近衛文麿に問われ

『 2年くらいならば
存分に暴れてご覧に入れるけれども
その後は全く見込みがありません 』

そう言ったよね
しかし昭和16年の12月8日に
真珠湾攻撃を始めて

5ヶ月か6ヶ月で
対米講和に持ち込まなければ
あの戦争の勝ち目は全くなかった
それはヒトラーも同じだった

結局のところヒトラーの最大の敗因は
独ソ戦を始めてしまったことだろうな

スターリンの誕生日は
公表されているものが本当かどうか
わからんけれども
12月中旬らしい

つまりギリギリでいて座
だから自分のおうし座から天王星が抜けても
スターリンは窮地に立たされるから
勝てるんじゃないか?

という見通しだったんだろう
ところがルーズベルトは水瓶座だった
1942年6月以降急速につきを回復し
ツキまくるように
それを忘れていたんだな

天王星は水瓶座だから
射手座のチャーチルとスターリンとしては
双子座つまり自分の真正面に
天王星が来る逆運を

それで乗り越えられると踏んだんだ
パートナーの選び方次第ということ
これはその通りだから
正しい判断だった

日独伊三国
ヒトラーと昭和天皇は牡牛座
ムッソリーニは獅子座
ついでに言うとスペインのフランコも
獅子座だった

よいときは一斉に良くなるが
その逆もあり得るという
組み合わせだったんだ
返す返すも不幸な同盟だった

ちなみにイギリスで
オカルト部隊を編成して
そういう入れ知恵をしていたのが
情報将校イアン・フレミング
ジェームズボンドシリーズの原作者だ

ナチス側にも『アーネンエルベ』と言って
そういうオカルト部隊が存在した
ハインリヒ・ヒムラーの配下にあった

アメリカ陸軍の若い情報将校として
彼らの尋問調査にあたっていた1人が

あのヘンリー・キッシンジャーだった
この人は二十歳ちょっと過ぎぐらいから
そんなスゴイ仕事してたんだよ

アメリカにいる頃は
歯ブラシ工場で働きながら
夜間に通ってたんだけどね
陸軍情報部での功績めざましく

奨学金を獲得して
ハーバード大学に入る
通常の半分の期間で卒業している

トランプはビジネスマンだよ
しかも破産を経験してるだろ?
何事も『結局は運だ』ということは
骨身にしみてわかっているはず

だから大事にしているはずだよね
だからこのタイミングで日本にやってきた
表向きは北朝鮮のことだけど
裏のテーマはそうじゃなかったはずだ

ズバリ『カネの事』だ
ぼちぼち財政の壁だろう
国債発行つまりアメリカができる
借金の上限にまた

もう一度大統領は
バンジージャンプをしなければならない
そのためのネットを用意してくれ!
と言いに来たに決まっている

表向き北朝鮮には
表向きの外貨獲得手段の9割を断つ
という兵糧攻めをやっているわけだけれど

本当に北朝鮮は
コタえているんだろうか?
奴等はどうやらサイバー部隊で
ビットコインのマイニングや
盗掘をやってるみたいだ

しかもビットコインは今分裂後
また値上がりしている
あれだけクサシていた
ゴールドマンサックスがまた動き出した

ニューヨークで市場が出来たりしている
アメリカが後押ししている訳だ
全て魂胆があってのことだ

しかも現実には中国が今
ビットコイン市場を動かす主役だよ
中国は現在アメリカがせっつき
北朝鮮を制裁しなければならない
立場だけれども

そういう形でいくらでも
助けてやることができるんだ

北朝鮮制裁は実は表向きかもしれない
アメリカも中国も実のところ
助けているからだ

北朝鮮のマーケットに
日本製品が大量に並んでいると言う
誰でも知っている話だが
横田基地と北朝鮮には
直行便があるよ

北朝鮮に行ったやつが
写真に撮ってきてるよな

ビットコインの値上がりというのは
入っている金が増えているからだ
つまりその分

何かが売られているということだ
市場が大きすぎて
多少振られたぐらいのことでは
簡単に値が下がらないものって
なんだろうか?

誰も言わないが
それは『国債』だと思うよ
今年の初め頃5兆円なかったのが

今20兆円以上になってるわけだろ?
ビットコイン市場ってのは

ところが国際や債券の市場ってのは
その何倍どころじゃないんだよね

そのうちの一部を取り崩して
ビットコインに回すと
ビットコイン市場が急激に増える
膨張するばかりか

ビットコインも暴騰をするわけだ
おそらく現在それが起きている
そこで異変が起きたら

北朝鮮の悪事を暴いて
全部北朝鮮のせいにできるだろ?
そして北朝鮮の周りで
騒いでいたやつを逮捕して
それで終わりだよ

もうその時には
ビットコインに代わるものができているから
パニックで逃げ出したカネは
そっちに誘導すればいいんだ

カレイドスコープさんが
言ってるのもそういうこと
なんじゃないか?

ずっと前からジェームズ・リカーズは
国際通貨基金IMF の SDR (特別引出権)が
アメリカドルの代わりにとか言っていたな

そのままじゃ無理だよ

しかしそれを裏付けにした
ビットコインみたいなものを作れば
また話は変わってくる

ビットコインにないものを補完できる
ブロックチェーン仮想通貨ができれば
ビットコインの時代は終わる


ビットコインは
そのための実験だったんだ
多分だけどね

おそらくそういうシナリオだろう

日本には借金の無心だけに
来たわけではないだろう

おそらく諸々色んな
陰謀を企んでるはずだよ
星回りには向いてるからな

北朝鮮を利用するだけ利用し尽くす
それが『トランプ戦略』なんだろう
  • コメント : -
  • トラックバック : -

平昌五輪がぼったくり過ぎてコーヒー噴いたw 普段1000円で売ってる物を8万円で販売するらしいぞw

NewsU.S. 2017.11.05

モーテル1泊12万円!平昌五輪の地元の“おもてなし”に韓国人もびっくり=「これじゃ外国のメディアも来ないよ」「海外での韓国のイメージが…」
2017年11月4日(土) 15時50分

2017年11月1日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕まで100日となり、韓国・テレビ朝鮮が、熱戦の舞台となる地元・江原道(カンウォンド)での準備の進み具合について報じた。

平昌五輪組織委員会はこのほど12の競技場の完工を宣言、大会に向け準備は着々と進められている。しかし世界から訪れる取材陣や観戦客への「おもてなし」の面では、驚きの事実が明らかになった。

スケート競技などが行われる都市・江陵(カンヌン)にあるAモーテルの価格表を見ると、一般室の繁忙期の宿泊料は「14万ウォン(約1万4000円)~」とある。しかし実際に大会期間中の予約をするには、この最低価格の3倍以上を支払わなければならないという。関係者は大会中の宿泊料について「50万ウォン(約5万円)ほどを基準にしている。303号室(VIPルーム)のような部屋の場合は120万ウォン(約12万円)が基準」と話す。また周辺のモーテルや民宿でも団体の長期予約が優先され、個人では予約自体が難しいという問題も依然解決していない状態だ。

海外から大会を取材に訪れるマスコミも「ぼったくり料金」を避けられないという。大会期間中に冬季五輪関連施設に駐車するための駐車券はなんと526万ウォン(約53万円)。この他にも、通常1万ウォン(約1000円)ほどで買えるマルチ電源タップが80万ウォン(約8万円)、光回線のインターネット使用料は2400万ウォン(約240万円)など、驚きの価格設定がなされている。

こうした実態に、

「一瞬、値段を見間違えたかと思った」
「こんなぼったくり商売人はみんな駄目になってしまえ」
「国際的な恥だ。五輪はあなたたちにとって詐欺を働く期間なの?」

などの声が寄せられ韓国ネットは大荒れ状態。

また

「これじゃ外国のメディアも来ないよ」
「平昌に来た外国人の韓国のイメージは地に落ちるね」

と懸念する声や、

「これほどのぼったくりはさすがに国が取り締まるべきでは?」

と求める声も。

2011年の誘致成功から6年。今や五輪開催を喜ぶ声はどこへやら、

「家でテレビ観戦しようっと」
「これを最後に二度と税金をかけた国際大会の誘致はしないでね」

と冷めたコメントも目立った。

(翻訳・編集/松村)

「大会期間中に冬季五輪関連施設に駐車するための駐車券はなんと約53万円」
「通常約1000円ほどで買えるマルチ電源タップが約8万円、光回線のインターネット使用料は約240万円など」

【韓国】平昌五輪の地元の“おもてなし”に韓国人もびっくり 「国際的な恥だ。五輪はあなたたちにとって詐欺を働く期間なの?」[11/04]

・おもてなし「裏があります」
・ウフフ
・理解するのに3秒かかったw
・裏だけしかないじゃん
・表なし
・畜生ってこういうことだよなw  さすがにひどすぎる  000富士山の自販機は良心的どころじゃないw
・> 通常1万ウォン(約1000円)ほどで買えるマルチ電源タップが80万ウォン(約8万円)、100均で買い込んで売れば大儲けだな。
・これはぼったくりより悪質だろぅ~   冬季五輪関連施設の駐車券は約53万円 通常約1000円のマルチ電源タップが約8万円
光回線ネット使用料は約240万円    さすがに二桁増しは犯罪だ!!
(恥ずかしい韓国が世界に広まってしまうなwww 中止した方がいいんじゃねww)
・韓国に来る外国人旅行者は基本二度と来ないからな。   だからぼったくれるだけ  ぼったくれって考えなんだろう。
・焼畑農業的な観光産業ですね。
・目先の事しか見えない馬鹿チョンらしくて良いね
・>「平昌に来た外国人の韓国のイメージは地に落ちるね」
安心しろ、少なくともサッカーとF1関係者からは既にドン底だ
・今まで一部スポーツ関係者だけに知られてたチョンの実態が、オリンピック競技の全スポーツ関係者に知れわたるのか。
やっと世界が韓国を理解するな。
・世界中に韓国のぼったくりがまた配信されるわけだ
・普段外国人が韓国を同じ目で見てるってことを理解しろよ。
・>「平昌に来た外国人の韓国のイメージは地に落ちるね」と懸念する声や
安心しろ、現状で地下5万キロメートルくらいだから
・地下五万キロって、すでに反対側に突き抜けているじゃん
・オリンピックは興味ないからこのボッタクリの状況を取材してほしいな
  • コメント : -
  • トラックバック : -

韓国「中国様!日米との軍事同盟やめます!約束ニダ!」 中国「ちゃんとアメリカを説得しろ。できなければ中韓スワップ延長も白紙アル」  韓国「」 w

NewsU.S. 2017.11.03

THAAD:上から目線の中国「韓国側が接近したので包容」
2017/11/02 09:33

韓中政府による「THAAD合意」について、中国側は1日、満足したような反応を見せた。韓国側から「中国の報復による被害には全く触れず、THAAD追加配備見送り、ミサイル防衛(MD)不参加、韓米日軍事同盟不可という中国が望んだ『3つのノー(三不)』だけを約束した」という反応が漏れるのとは対照的だ。

中国共産党の機関紙、人民日報は1日、韓国が中国の要求に積極的に応じたため、包容したというトーンのコラムを掲載した。系列紙の環球時報は今回の合意が「最適の結果を実現した」と報じた。それだけ今回の合意が中国の利益と要求をしっかり反映しているとの見方だ。

中国、THAAD問題は「条件付き封印」?

韓国が安全保障上の約束をしたので、中国が合意に応じてやったといった態度は、中国外務省の定例会見でも目立った。中国外務省の説明が実際の合意文と一致している側面もある。10月31日に公開された合意文には「中国側は韓国側が表明した立場に留意し、韓国側が関連する問題を適切に処理することを希望する」との文言がある。ここで中国が留意した韓国の「立場」とは何かは明示されておらず、韓国がどんな問題をどう処理するかもあいまいだ。韓国政府関係者からは「THAADが中国を狙ったものではないとする韓国の説明を中国が『留意』したものだ」との説明が聞かれた。

しかし、中国語で「注意到」と翻訳された「留意」が何を指すものか、中国外務省の説明は異なる。合意発表当日、中国外務省の華春瑩副報道局長は「我々は韓国側が『韓国は米国のMD体系に加わらず、韓米日の安保協力を軍事同盟に発展させず、THAADを追加配備せず。現在韓国に配備されたTHAADで中国の戦略的安全保障利益を損ねない』と公に表明したことに留意する」とし、「韓国が言行を一致させ、先に述べた態度を実際に履行し、関連する問題を適切に処理することを望む」と表明した。「3つのノー」という約束に加え、在韓米軍に配備されたTHAADが前方探知モードではなく、中国の利益を損ねないと立証する責任まで韓国に負わせたものであり、それについて「留意する」と述べたものだ。

合意発表当日、韓国大統領府(青瓦台)関係者は「(THAAD問題を)その瞬間に『封印』した」と述べた。しかし、中国側の反応を見れば、それも確実ではない。合意文には「あらゆる分野の交流協力を正常な発展軌道へと速やかに回復」させるという項目がある。韓国政府の説明に従えば、THAAD「封印」後に報復が「全面解除」されるようだ。しかし、中国外務省の定例会見で「今後どのような措置が取られるのか」との質問が出たものの、華副報道局長は「韓国側が関連する立場を実際に履行し、双方が各分野の交流・協力を推進する上で良好な条件をつくることを望む」と答えた。THAAD「封印」は韓国の約束履行を前提条件とする「条件付き封印」だとの立場だ。

「両国の軍事当局間のルートを通じ、中国側が懸念するTHAAD関連問題について意思疎通を行うことで合意した」という文言についても、中国側からは異なる解釈が聞かれる。環球時報は専門家の話として、「(THAADの)探知能力を低くし、中国を狙うことができないようにする技術的譲歩を中国軍が韓国軍に要求する可能性がある」と指摘した。
ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

「『THAAD合意』について、中国側は1日、満足したような反応を見せた」
「THAAD追加配備見送り、ミサイル防衛不参加、日米韓軍事同盟不可という中国が望んだ『3つのノー』だけを約束」
「今回の合意が中国の利益と要求をしっかり反映しているとの見方」
「中国外務省:『韓国が言行を一致させ、先に述べた態度を実際に履行し、関連する問題を適切に処理することを望む』」
「中国の利益を損ねないと立証する責任まで韓国に負わせたもの」
「韓国の約束履行を前提条件とする『条件付き封印』」

・スワップも三不合意が履行されるのを確認できるまで正式発表しないんだろな。  中国はさすがしたたかだよ。

【THAAD】 上から目線の中国「韓国側が接近したので包容」~韓国側が実際に約束履行するか「条件付き」の報復封印[11/02]

・犬のしつけみたい
・慰安婦合意をパクったのか?
・無様すぎてワロス
朝鮮人のシツケ方をシッカリ中国人から学ぼう!!!
・官邸にメール送んねーと  韓国は完全な裏切りものだと
・官邸「なにをいまさら」
(中韓スワップの代償はあまりにも大きかった…結果米中にボッコボコにされると)
・そりゃあスワップ延長、とかなった途端  いきなり「中国はTHAADの圧力を謝罪しろ」とか調子乗り出すんだから
韓国の扱い方としては正しいとしか言いようがない
・中国に擦り寄ったらアメリカに睨まれ、アメリカに擦り寄ったら中国に睨まれる。   蝙蝠さんはドンドン苦しくなる。
・苦しくなった末に 信じられない選択をするのが韓国人、これからが見物。
・要するに中国と韓国の今回の合意はアメリカの許可を得ない一方的なものだったってことか   つまり韓国がちゃんとアメリカと話をつけるまでは中国は態度を保留するってことだ   もちろんアメリカは韓国の申し出を拒否するからこの合意は潰れる
もしどうしても韓国が今回の中国との関係修復を続けたいなら米韓同盟の破棄しか道は無くなる
・スワップも三不合意が履行されるのを確認できるまで正式発表しないんだろな。   中国はさすがしたたかだよ。
・完全に参考になるね   中国は韓国が慰安婦合意のように後から反故にするようなやり方を長い歴史から学んでいるのだろうね   だからきちんと逃げ道を塞いで追い込んでいく  実に老獪だ
(しかもトランプ訪韓という最悪のタイミング…マジで朝鮮人だwww)
・アメリカの許可も全く取らず、よくぞここまで決めたもんだ、よく頑張ったな!  ここまで腹くくってアメリカに怒られたくらいで
またコウモリなんかやんないよね?…ね?
・イヤ、やるだろ。
(イバンカが親中というのを忘れてないか韓国?オマエラは嵌められるよww)
・一時制裁解除と引き換えにされた韓国の安保。  ちょっとでも日米側に寄ればまた制裁w  アメリカと協議して決めるはずの事を一方的に韓国政府が発表した。   日米韓の軍事協力の否定、アメリカMD構想参加拒否、THAADの追加配備拒否と  とりあえず中国に忠誠を見せるには十分な内容だったが、本当に韓国の安全保障は大丈夫なのか、傍目に見ていても心配になってくる。    アメリカはめちゃくちゃ怒っている。   イヴァンカが急に韓国行きをやめたのも、これへのアメリカの態度表明だ。
韓国側は相当な警備や宿泊施設や色々な用意をしていたのだろうが、これをキャンセルするというのはただ事ではない。
在韓米軍にも近いうちに大きな変化が出ると思われる。
・まあ想像ではあるけれど、韓国側のイバンカを受け入れる準備は相当大がかりだったんじゃないかな。   トランプとは別行動する部分も多いから、警護などの費用にしてもかなりにものになるだろうし、いくらアメリカが圧倒的に優位な立場だとしても、普通ならばそういう外交儀礼に反するようドタキャン的な事はしない。    一方的にこれが発表された直後にアメリカが韓国にイバンカさんがキャンセルと伝えるというのは、普通に見ればそういうことじゃないかなあと。
・そもそもTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)の探知能力はアメリカの高度なインテリジェンスにあたる
その能力を下げるなどということを青瓦台の一存で決めることが信じられない
朝鮮人って、少し先の展開を考えられない間抜け民族だよなw
・中国の踏み絵だな  今や米中の踏み絵の上でツイスターゲームしてるような状態で韓国くんタイヘンだなー
・やっぱり中国の属国が落ち着くんだろうな
・下世話な表現で、「ドツボに嵌る」と言うのがある。   まさに今の韓国。   トランプは気が短そうだし、見ものだな。
・その場その場で、その場逃れの言い訳ばっかしてると  最後は詰むと言う生きた愚かな見本な韓国。
・トランプ訪韓取り止め、在韓米軍撤退まで行くんじゃね?   半島の阿鼻叫喚が見れそう
・日米で朝鮮征伐しないとな
  • コメント : -
  • トラックバック : -

【緊急事態】慰安婦像に乗っ取られた国が崩壊するぞ! とんでもない破壊工作の全貌が徐々に露わに!

NewsU.S. 2017.11.02

【韓国崩壊】韓国が米軍慰安婦を監禁していたと認めるwww 

「国家が管理した売春だった」...米軍基地村女性たち
2017.10.29 17:18

去る1月20日、ソウル瑞草区ソウル中央地方裁判所前で開かれた「韓国内基地村の米軍慰安婦国家損害賠償請求訴訟1審判決の記者会見」に参加した女性たちが国家賠償を促す立札を挙げている。聯合ニュース

1992年10月28日午後、京畿東豆川市の米軍基地の周辺に住んでいキム・ソンチュル(当時68歳)さんは、正門横のドアを開けたとたん、足から力が抜けて座り込んだ。

いくら呼んでも出てこなかった家の娘が、おぞましい姿の遺体になっていた。・・・米軍第2師団1連隊の衛生兵ケネス・リー・マクルイが風俗店従業員のユン・クムイを殺害し、遺体を毀損した事件。 「基地村」売春女性の人権実態を知らせた別名「ユン・クムイ事件」が25年前の今日起こった。

それから22年が過ぎた2014年には、基地村売春女性122人が国家を相手に損害賠償請求訴訟を提起した。 「政府が基地村内の「米軍慰安婦」制度を作って徹底的に管理しており、外貨稼ぎの手段として利用して人権を侵害した」という主張だ。

「私たちは、米軍「慰安婦」だった」

「慰安婦」は日本帝国主義の時期、性奴隷制の被害者を指す用語である。この言葉はもともと加害者の立場を代弁する、屈辱的な用語である。組織的性暴力を「性的元」で包装したからである。関連の市民団体と韓国政府がこの言葉を書くとき、必ず引用符をつけるのもこのためだ。国連も同様に日本軍「慰安婦」問題を「日本軍性奴隷(Japanese Military Sexual Slavery)」と称する。

米軍基地村の売春女性たちが自分たちを「米軍慰安婦だった」と言うのは、自ら「日本軍性奴隷制の被害者」と同一視しようとするものではない。 1970年代まで、この言葉が「兵士を慰安する職業の女性」という意味で公然と用いられ、彼女らの人権侵害状況を国が黙認して管理したという点を強調するためだ。 1961年にソウル市が施行した「国連軍相手の慰安婦性病管理事業」、1957年に施行された「伝染病予防法施行令」などの公文書でも、彼女らは「慰安婦」と呼ばれた。

ソース:韓国日報 (韓国語)

「国が介入した基地村で私たちは利用されました」

基地村女性たちの管理と統制が最もひどくなったのは、1969年のアジア地域の米軍削減計画が盛り込まれた「ニクソン・ドクトリン」発表以降だ。当時、韓米合同委員会の韓国側幹事だったキム・キチョ前外交安保院名誉教授は、「1971年と1972年にキャンプ・ハンフリーで開かれた会議に出席したベスト大佐は、米軍の休息と休養のための基地村サービスの質の向上を要求した」 「韓国側は米軍の駐留を望んでいたので、彼らの要求をほぼそのまま受け入れた」と述べた。そのように始まった管理は「基地村浄化」、すなわち強制性病管理であった。 (記憶する今日:基地村浄化対策)

当時の検診は、単純な疾病管理から一歩進んでいた。性感染症が疑われる女性を「落検者(検診脱落者)収容所」という所に監禁した。落検者の中には実際の感染者のほか、米軍がうつした性感染症の感染者もいた。キム・ジョンジャ(仮名・67)さんは、1982年、京畿道東豆川市逍遙山に位置した落検者収容所に2週間閉じ込められていた。彼女は「一度入るとトイレだけ行くことができ、留置場のような鉄格子がある部屋で5人ずつ寝なければならなかった」、「患者ではなく、罪人扱いだった」と回想した。

政府は、「白い家」または「モンキーハウス」(売春集結地を指す米国俗語)と呼んでいる、そこで基地村女性たちに治療名目でアナフィラキシー・ショックの副作用の懸念にもかかわらず、ペニシリンを注射した。パク・ヨンジャ(仮名・61)さんは、「注射を打って泡を吐いたまま倒れた女性もいた」と語った。 1978年、保健社会部が法務部に送った「ペニシリン・アナフィラキシー・ショック事故処理の協力要請」公文書に、「一部の医師たちが、ペニシリン・アナフィラキシー・ショック事故の発生によって注射行為を避けており、国の性感染症管理に支障をきたすことを免責していただくことを協力要請する」という内容が含まれている。

公務員たちが基地村女性たちを対象に、一種の「愛国教育」をしたという証言もある。 1962年9月の韓米親善委員会で基地村女性全員に精神・美容・衛生及び英会話教育を実施するという対策が議論された。これを基地村女性登録団体である「姉妹会」を通じて実行した。キムさんは「姉妹会教養教育に来た公務員たちが「米軍の悪口を言わず、女性がサービスをたくさんしてほしい」、「米軍を慰めて国の経済を富強にしているので、これからはあなたたちが愛国者」という話をいつもした」と述懐した。

去る1月、ソウル中央地裁民事22部(部長全支援)は、基地村女性たちの国家対象損害賠償請求訴訟について、一部勝訴の判決を下した。 1977年の性感染症の感染者の隔離収容を規定した「伝染病予防法施行規則」の施行前に隔離収容された女性57人に対してのみ国家賠償責任を認めた。裁判所は基地村浄化運動などについて、地域の環境改善や性感染症の治療などの公益的な目的を達成するためのものと見た。裁判所は「原告たちのうち、生計維持が困難なために売春を手段とした女性もいるように見える」という説明を付け加えた。

基地村女性たちの人権侵害の主張に反対する意見も同様にある。彼女らは自分自身で基地村を選んだというのだ。しかし、女性は人身売買で人生が壊れたと主張した。パクさんは「十五の職業紹介所に騙されて基地村に売られて行ったとき、周りの大半は同年代しかいなかった」、「十代の私たちを助ける代わりに、職業紹介所と主人を黙認した国に利用された」と嘆いた。

去る7月、ユ・スンヒ共に民主党議員らはこの問題と関連して、「米軍慰安婦問題に対する真相究明と名誉回復及び支援等に関する法律案」を発議して実態把握を促した。ユ議員は「女性の人権蹂躙を防がなければならない国が、基地村女性たちの不法流入を助長して黙認した責任は大きい」と、立法趣旨を説明した。基地村女性たちは、1審の判決で認められなかった政府の売春助長責任を再び問うために控訴した。

「米軍第2師団1連隊の衛生兵ケネス・リー・マクルイが風俗店従業員のユン・クムイを殺害し、遺体を毀損した事件」
「 『基地村』売春女性の人権実態を知らせた別名『ユン・クムイ事件』が25年前の今日起こった」
「2014年には、基地村売春女性122人が国家を相手に損害賠償請求訴訟を提起した」
「1971年と1972年:ベスト大佐は、米軍の休息と休養のための基地村サービスの質の向上を要求」
「そのように始まった管理は『基地村浄化』、すなわち強制性病管理であった」
「性感染症が疑われる女性を『落検者収容所』という所に監禁した」
「米軍がうつした性感染症の感染者も」
「一度入るとトイレだけ行くことができ、留置場のような鉄格子がある部屋で5人ずつ寝なければならなかった」
「患者ではなく、罪人扱いだった」
「基地村女性たちに治療名目でアナフィラキシー・ショックの副作用の懸念にもかかわらず、ペニシリンを注射した」
「米軍の悪口を言わず、女性がサービスをたくさんしてほしい」
「女性は人身売買で人生が壊れたと主張」
「十五の職業紹介所に騙されて基地村に売られて行ったとき、周りの大半は同年代しかいなかった」
「十代の私たちを助ける代わりに、職業紹介所と主人を黙認した国に利用された」

・アメリカに立てた慰安婦像が違う意味を持ち始めました

・シナチョンロシアの工作だろうな  像が実は米国兵士を犯罪者よばわりする為のものだったことが判明
↓ 
像の撤去で特ア住民とそれ以外で意見二分  アメリカ国内混乱  

その隙をついてシナチョンロシア組は南シナ海などへ軍事力拡大
アメリカをじわりじわりと叩き潰すための工作
まんまとはまるバカ米国人
外見が似てるからといって特ア人を日本人と同じように考えるな
奴らはお前らの大嫌いなムスリムよりも性悪だぞ
・日本のは証拠がない
&アメリカの調査でもシロだった
米軍のは証拠がある、完全に真っ黒
こんなのは時間が経てば必ずばれる
サンフランシスコはシナチョン市長のせいで
自業自得の黒歴史を刻んだな
特ア人なんぞ入れるからだバカ
・サンフランシスコ市長は当然謝罪するんですよね?
・勿論こいつらの像もアメリカに建ってるんだよな?
・すでにアメリカにいくつも像があるでしょ。  看板を「朝鮮戦争時の性奴隷」と変えればいいだけ。
・あとはアメ公にアメリカにある売春婦像とこの問題をリンクさせれば終わりだな
・じきに国が管理した性奴隷、というようになるよ。  アメリカが弱って来たら・・・。
(ザイニチの反応で答え合わせ完了してんだよな…オマエラアメポチが罰を受けろ)
・トランプ訪韓直前でこれね。  記者会見でこの件を質問する  韓国人記者とか出てきそうだな。
・トランプ大統領訪韓前の脅しか牽制が入ってそう。  無下に扱ったら問題提起するぞ?という。
・このタイミングでの報道は訪韓するトランプ大統領を躾けるため、と見た。
・慰安婦発祥のドイツに慰安婦像を建て韓国慰安婦を適当に弄んでた    アメリカにも慰安婦像を建てるとは韓国の皮肉が効きすぎてるんご
・これ見越してアメリカが合意の仲人引き受けたのかもね  合意の頃から事故物件として旨味がなかったのかもしらん
・米軍に圧力加えて  韓国の言いなりにしたいのかな?   「基地村では」とか文大統領が言い始めたら トランプ大統領も慌てるだろうし。
・全米各地にあるあの慰安婦像  実は米帝の慰安婦像だったでござる
・米国大使館前に慰安婦像を建てるニダ
・アメリカに立てた慰安像の隠された狙い   韓国にアメリカは謝罪しろ!  を実行か   韓国人のアメリカ内部侵略
・国内が慰安婦像だらけのアメリカ何か言え
・さぁ アメリカのお手並み拝見
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

最近の記事